エムログ

割と自己流で生きています

【映画】「アラバマ物語(1962)」アティカスの善人ぶりが胡散臭い、アメリカ映画の大傑作

テーマは重いが難しい物語ではないし、物語がうまくできていて南部の町や大人たちの様子が子供たちの目線で描かれているため、スムースに世界に入り込める。

アクセスが下がる理由ってなんなんすかね。

2021年の夏を境にPVが右肩下がりに落ち込んだのですが、 じゃああの時私は何をやらかしたのかというと、心当たりはふたつあります。 ① アフィリエイトさんからコンプラ違反を指摘され、商品リンクを止められたので、めんどくさくなって140記事程を一斉に取り…

【映画】「ショック集団(1963)」 果たして狂気は伝染するのか。

おすすめ度 ★★★ 「私はアメリカ主義者、白人至上主義だ! 聞け、同胞よ! アメリカは白人のものだ! 石を投げ、爆弾を投げつけるのだ! 黒人の外国人どもを吹き飛ばせ!

【映画】「泣きぬれた天使(1942)」 やり甲斐が先か、愛が先か。それが問題だ。

おすすめ度 ★★★「耐えるのよ じっと耐えるの 世界が暗闇でも あなたの世界はきっと明るくなるわ 私たちに必要なのは 光と喜びよ 暗闇は消えるわ」 だけど私はジュヌヴィエーブに共感できなかった。 愛かなあ、それ。 それ、愛なのかなあ。

共産党と参政党が仲良くビラ配ってました

「お!共産やるな!」 と思ったら、参政党でしたw ですよねー。共産党と参政党ののぼりが立ってた。 どういう訳か共産党のスタッフジャンパーがオレンジなんですよねー。・・・お前らは赤だろう、潔く赤いジャンパーにせい!って思いました。

【難題】kindle paperwhite コレクションの並び替え こうしたら上手くいった

難航しがちな kindle paperwhite のコレクションの並べ替え。 以前も苦労しましたが、最近改めて「なにゆえー!」となって、他サイトをいくつか参考に取り組みましたが、あまり上手くいかず今回も苦労しました・・・ でもなんとかなったので、そのなんとかな…

【映画】「殺人幻想曲(1948)」 ご都合主義のミルフィーユや! プレストン・スタージェス監督のドタバタ・コメディ~

おすすめ度 ★★★★ この作品をリメイクした『殺したいほど愛されて(1984)』がもの凄く面白い映画なので、そのオリジナルの方を見てみた。このオリジナルは当時そこそこコケたらしい。 主人公のアルフレッドは世界的に有名な指揮者。若くて美しい妻ダフネをも…

【映画】「フラッシュ・ゴードン(1980)」ジョージ・ルーカスが作りたかったアメコミ・スペース・オペラ

おすすめ度 ★★「フラッシュ! ア~ア~!」というクイーンの主題歌も有名な、アメコミ・スペース・オペラ作品。 最初ジョージ・ルーカスが映画化を希望していて、それが叶わなかったから『スター・ウォーズ(1977)』を制作したという曰くありの映画。これが…

【映画】「ハロルドとモード(1971)」 名作かもしれないけど、嫌いな映画。

おすすめ度 ★★★ 刺さる人にはめちゃくちゃ刺さる、刺さらない人には全く刺さらず途中で見るのをやめたくなる作品だと思う。実際どうも私には刺さらない。ユーモアもあるし、テーマも深遠だし、登場人物のキャラも立ってるし、全体的に良い映画だと思うんだけ…

マスクはマナー、エチケットを経てドレスコードになったらしい件

それ男のネクタイ、女の化粧と同じ扱いってことですけど。 マスクは医療系の衛生用品だとばかり思ってたら、この2年半でネクタイ化粧レベルに成り下がるとは、一体だれが予想したでしょう。もう推進強硬派は何がしたいのかさっぱりワカラン。

【映画】「バルカン超特急(1938)」チャータースとカルディコット初登場作品

おすすめ度 ★★★★ 知り合いの老婦人と一緒に列車に乗った若き女性。ところがその老婦人が失踪してしまい、しかも他の乗客から「そんな客は乗っていない」と言われてしまう。ヒッチコックお得意のハラハラドキドキのサスペンスながら、ユーモアもたっぷり。お…

【映画】「周遊する蒸気船 (1935)」~蒸気船レースが超レアなドタバタ・コメディ~

おすすめ度 ★★★★ 日本でご存知の方は少ないでしょうが、当時のアメリカの国民的大スター、ウィル・ロジャース主演の蒸気船レース映画です。 レース映画は数あれど、蒸気船でレースするというのが極めてレアで、その壮大さと馬鹿馬鹿しさで爆笑することをお約…

【映画】「宇宙戦争(1953)」 話せば分かる・・・わけがない。SF古典小説の映画化で映画も古典。

おすすめ度 ★★ 「火星人=タコ型」のイメージを私たち人類に植え付けたことでも有名な、あまりにも有名な名作SF古典小説である H・G・ウェルズ原作『宇宙戦争』の映画化作品。 原作は結構しんどい作品でメンタルにくる。宇宙人に根絶やしにされそうな危機を…

【映画】「金星ロケット発射す(1960)」~東ドイツ制作の超レア物SF作品~

「もしや行かなければよかったのでは」というオチが光る東ドイツとポーランドが合作した珍品SF。火星ではなく、金星に行くというのもレア。ハリウッド制作の古いSFに飽きた、マニア向け。

【本まとめ】 仕事を辞めたい時に読んだら気が楽になった本 3冊。

私は深刻に悩んでいる時は本屋に行きます。 私の悩みを解決してくれる答えがどこかに落ちているとすれば、それは本屋であると、割と真剣に思っているからです。 「本さえ読めばすべてが一発解決する」などとお花畑なことを信じているわけではありません。た…