エムログ

好きな映画と、本と、あれこれ考えた事のための覚書ブログです

【映画】「ディーバ(1981)」〜最高に美しいオタク映画〜

おすすめ度 ★★★★ 冒頭いきなり流れる「ラ・ワリー」の導入から一気に映画に引き込まれる、80年代青春映画の傑作。観終わった後も映画の ”青” がいつまでも脳裏に残るこの印象的な映画を撮ったのは、『ベティ・ブルー(1986)』も衝撃的だったジャン=ジャッ…

【映画】「バニー・レークは行方不明(1965)」 ~「いる」ことを証明できますか~

おすすめ度 ★★★この映画の肝はバニーが登場しないところにある。 映画の後半になるまで画面にバニーが現れず、母親の発言の中でのみバニーの存在が語られる。ぬいぐるみが出てきたり、歯ブラシも2つあったり、服も映るし、母親がお菓子を買ったりなんかはし…

【できるだけ備蓄】 一日一食だと備蓄も有利!!【一日一食のすすめ】

昨年秋ごろ、ある界隈の方たちが「年が明けたら物価高と食糧危機がくる」と言っているのを知り、「備蓄」についての少しの勉強と実践を始めたら、その一日一食であることが想定外の効果を発揮することに気が付いたからです。 それはなんと、 「備蓄の量が少…

【映画】「謎の要人悠々逃亡!(1960)」 ラストで ”ほっこり” させられる、脱走映画の佳作

おすすめ度 ★★★ 脱走映画の面白いところは、人間はどんな環境下であっても希望を持ち続ける人たちは、平時では思いつかないような飛躍的なアイディアを思いつき、それを実行する鉄の意志を持てるのだなあと思えるところ。

【映画】「来るべき世界(1936)」 この未来はユートピアなのか、ディストピアなのか

おすすめ度 ★★★★数年前は「思想が浅いから革命出来ないのでは」と思ったテオトコプロスだけれど、もしかするとこのやり方で革命、可能かも。 実は小難しい理屈が大衆を動かすのではなく、この程度の分かりやすい主張だからこそ人々を動かすのかも。 彼はもし…

【映画】「極北の怪異(極北のナヌーク)(1922)」~幸せとはなにか~

おすすめ度 ★★★★★怠けたら死ぬ世界。 今からちょうど100年前の1919年、カナダ極北の地、ハドソン湾の右岸ウンガヴァに住むエスキモー(イヌイット)の一家族、ナヌーク一家を一年かけて取材したもので、当時、英国ほどの広さの土地に、3000人ほどのエスキモ…

【2022年② 4月~6月まとめ】 私のころたん日記(個人用)

脱マへの道について。今日は月一の少し早く出勤する日だから、いつもと違う時間帯の電車に乗ったら、電車の中で初めて完全裸顔の男性見たー! 私くらいの年齢かなあ。ちょっと若いかな。この方いつも裸顔なのかな? いいぞ! 励まされた! イケメンに見えた!…

【映画】「黒猫の怨霊(1962)」 エドガー・アラン・ポー原作・短編オムニバス映画3本立て

おすすめ度 ★★★★ 結論から言うとこのDVDは掘り出し物だった。 ポー原作の短編小説から映画化された、3作品のオムニバス映画。 エドガー・アラン・ポー原作の映画をいくつか見たいと思って購入したもののひとつ。私は怖い映画が苦手で全く見ないのだけれど、…

【映画】「アトミック・カフェ(1982)」伝説的ドキュメンタリー映画 ~1mmも撮影していない異色作~

おすすめ度 ★★★★★ この映画のために撮影されたフィルムは1mmもなくて、過去の既出のニュース映像とかプロパガンダ映像とかラジオ音声などの記録映像を集めに集めて編集しただけ。映像だけでなく、流れる音楽も既出の商業音楽。そしてナレーションが一切ない…

【映画】「メトロポリス(1927)」今の方がずっとマッド ~ フリッツ・ラングの代表作~

おすすめ度 ★★★★★ すばらしかった。テーマもストーリーも美術も演出も、アンドロイドの造形も。そして今の私達の話でもあると思った。名作の名に恥じぬ、普遍的な作品。 近未来ディストピアSFの代表作であり、名匠フリッツ・ラング監督の代表作でもあり、『…

【できるだけ備蓄】 アルファ米 #2  尾西食品「携帯おにぎり(鮭、五目、わかめ)」試食レビュー【いける】

今年に入ってから「未曽有の食糧危機」に向けて、少しずつ勉強しながら食糧備蓄をはじめています。初心者です。 今回は「アルファ米シリーズ 第二弾」として、尾西食品さんの「携帯おにぎり」を取り上げます。

自分の死に方を予想する。

母と二人暮らしなんですよ。早く死んでくんないかなと思うときも多いです。 父親はとっくに死んでいないし、守銭奴で暴君の弟がいたんですけど数年前にいつの間にか死んでました。 元々子供の頃から両親の折り合いが悪く、母が父方の親せきと上手くいってな…

【できるだけ備蓄】超非常食「救難食料 ER」を食してみた【割とおいしい】

「救難食糧 ER」は、調理不要、簡単、おいしい、栄養食、ということで「救命艇や救命いかだに備え付ける救命食糧」、「自衛隊、航空機の備蓄食糧」にも選ばれていて、 最近は災害食料として家庭用に販売されるようになったそう(Amazon商品ページより)。

「仕事辞めたい病」がとりあえずおさまったので理由をご報告

mです。51歳です。 おととしまで「仕事をやめたくて仕方がない」という状態で過ごしていましたが、とうとう昨年2021年の間に「仕事辞めたい病」を脱出しました。わーい。 いやー辛かった。長い3年間でした。でも最近はスッキリ。とはいえ別に辞めたかった原…

【できるだけ備蓄】 パン編 #1 ボローニャの長期保存可能なパンの缶詰2種 食べてみた。

未曽有の食糧危機がやってきたとき、数か月くらいは慌てずに対策を練る事ができるよう食糧備蓄を開始中です(牛歩で)。 この「慌てずに」が私にとってのポイント。びっくりして焦ってスーパーに駆けつけて、人々と争って生存競争を勝ち抜くのは、私にはたぶ…