エムログ

割と自己流で生きています

つまづく人々。【映画】「廿日鼠(はつかねずみ)と人間(1939)」

おすすめ度 ★★★★ 映画は、追っ手から逃れるべく森を走るジョージとレニーの姿から始まる。 この始まり方は良かった。映画の良し悪しは開始5分10分であらかた分かる。この演出を見ただけで「あ、期待できるな」と思った。

【映画】「陽気な街(1937)」 恋をするって、美しいのね

「ド派手で大掛かりで豪華絢爛で荒唐無稽」な内容ではなく、割かし地味目なラブ・コメだった。でも普通だなと思いきや、見終わった後もずっと胸のあたりがあったかいような、後で思い出しても胸があったかくなるような、個人的には胸アツの作品。

【映画】「カリガリ博士(1919)」~過激で奇抜~ 一度見たら忘れられない

大正8年の作品。ドイツ表現主義映画といえばまずはこれ、というくらい絶対見るべき映画。 演技も美術も、映画に描かれるものすべてが誇張されていて、過激で奇抜。芸術です。

【映画】「白い恐怖 (1945)」 割と突っ込める、ラブ・サイコスリラー 

おすすめ度 ★★★ 私はバーグマンは大根だと思っている訳なんだが、今作でのあの顔は恋には落ちてるね。だって見ていて恥ずかしいもん。だから見るべき作品を見れば、バーグマンも世間の評判通り名女優なのかもしれない。 それにしても「あなたが好きよ」みた…

結局コレ!!!机と椅子の長年の悩みが解消しました。

一日のほとんどの時間を机に向かっている!! ということは椅子に座っている!!!毎日14時間くらいかも!!!(早死にコースまっしぐら)その途端、まー背中が凝ること凝ること。バッキバキのガッチガチです。つらい。なぜなんだろう。

【映画】「プリースト判事(1934)」 映画を作るのが楽しくって仕方ないって感じのコメディ・ドラマ

おすすめ度 ★★★ たぶんそういうジャンルはないのだと思うけど、アメリカ映画には「いかにもアメリカ南部」といった作品がたくさんあって、「アメリカ南部もの」という一大ジャンルを築いていると言ってもいいと思う。

【映画】「郵便配達は二度ベルを鳴らす(1942)」 ゲイによるゲイのための胸アツなゲイ映画

おすすめ度 ★★★★★ 原作にはいない、登場した瞬間「おや? こいつゲイなのでは」と分かる男、スパニョールが出てくる。 原作ファンである身からすると、見てて正直「スパニョールって必要?」と思ったよね。この役、必要かなあ。 別に殺人に絡んでくるわけで…

【映画】「殺したいほど愛されて(1984)」 リメイクが大成功してる傑作コメディ

おすすめ度 ★★★★ プレストン・スタージェス監督の『殺人幻想曲(1948)』のリメイク。リメイク作品を見ると「オリジナルの方が良かった」と思うことも多いけど、今作はスタージェス監督へのリスペクトが感じられる、甲乙つけがたい良作。

【映画】「アラバマ物語(1962)」アティカスの善人ぶりが胡散臭い、アメリカ映画の大傑作

おすすめ度 ★★★★ テーマは重いが難しい物語ではないし、物語がうまくできていて南部の町や大人たちの様子が子供たちの目線で描かれているため、スムーズに世界に入り込める。

アクセスが下がる理由ってなんなんすかね。

2021年の夏を境にPVが右肩下がりに落ち込んだのですが、 じゃああの時私は何をやらかしたのかというと、心当たりはふたつあります。 ① アフィリエイトさんからコンプラ違反を指摘され、商品リンクを止められたので、めんどくさくなって140記事程を一斉に取り…

【映画】「ショック集団(1963)」 果たして狂気は伝染するのか。

おすすめ度 ★★★ 「私はアメリカ主義者、白人至上主義だ! 聞け、同胞よ! アメリカは白人のものだ! 石を投げ、爆弾を投げつけるのだ! 黒人の外国人どもを吹き飛ばせ!

【映画】「泣きぬれた天使(1942)」 やり甲斐が先か、愛が先か。それが問題だ。

おすすめ度 ★★★「耐えるのよ じっと耐えるの 世界が暗闇でも あなたの世界はきっと明るくなるわ 私たちに必要なのは 光と喜びよ 暗闇は消えるわ」 だけど私はジュヌヴィエーブに共感できなかった。 愛かなあ、それ。 それ、愛なのかなあ。

共産党と参政党が仲良くビラ配ってました

「お!共産やるな!」 と思ったら、参政党でしたw ですよねー。共産党と参政党ののぼりが立ってた。 どういう訳か共産党のスタッフジャンパーがオレンジなんですよねー。・・・お前らは赤だろう、潔く赤いジャンパーにせい!って思いました。

【難題】kindle paperwhite コレクションの並び替え こうしたら上手くいった

難航しがちな kindle paperwhite のコレクションの並べ替え。 以前も苦労しましたが、最近改めて「なにゆえー!」となって、他サイトをいくつか参考に取り組みましたが、あまり上手くいかず今回も苦労しました・・・ でもなんとかなったので、そのなんとかな…

【映画】「殺人幻想曲(1948)」 ご都合主義のミルフィーユや! プレストン・スタージェス監督のドタバタ・コメディ~

おすすめ度 ★★★★ この作品をリメイクした『殺したいほど愛されて(1984)』がもの凄く面白い映画なので、そのオリジナルの方を見てみた。このオリジナルは当時そこそこコケたらしい。 主人公のアルフレッドは世界的に有名な指揮者。若くて美しい妻ダフネをも…