エムログ

古い映画を中心に、本、仕事・・・etc. 驚くほど忘れてしまうので備忘録として。

映画 タイトル順-外国映画 タ行

【映画】「タワーリング・インフェルノ(1974)」~パニック映画の超有名大ヒット作~

「今は神に祈るのみだ。惨事を繰り返さんように」 ビルのオーナー、ダンカンの台詞 ・・・神に祈ってんじゃないよ。あんたが利益優先で建築費をケチったからでしょ。反省するとこだよー。 超高層ビルで大火災が起こり、高層階に閉じ込められた人々と、消火に…

【映画】「ディーバ(1981)」~おしゃれな映画は、時を経てもやはりおしゃれ~

引用:「オペラ座?」「お尻よ」 ジュールとアルバの台詞より 青が印象的な映画。 冒頭いきなり始まる「ラ・ワリー」の導入から一気に映画に引き込まれる、80年代青春映画の傑作。 『ベティ・ブルー(1986)』も話題になった、ジャン=ジャック・ベネックス…

【映画】「夢のチョコレート工場(1971)」 ~2005年「チャーリーとチョコレート工場」の元映画~あらすじつき

主人公チャーリーの健気な優しさが心に響く、コメディタッチでミュージカル仕立てのファンタジー。良くも悪くもいかにも70年代的セットで、けばけばしくも摩訶不思議な世界を表現しています。 原作は児童文学『チョコレート工場の秘密』、本作をリメイクした…

【映画】「透明人間(1933)」 ~グリフィン、いますっぽんぽんなんだなあ、と思うこと請け合い~

「血と肉と骨が消えてしまう薬品を作ったのだよ。それを1か月間毎日注射した。これで世界を征服する」 グリフィンの台詞より ううん、ちょっと傲慢すぎて主人公に感情移入できなかった・・・。世界征服って言われてもなあ。そういえばポール・バーホーベン監…

【映画】「地球の危機(1961)」 ~TVシリーズ『原子力潜水艦シービュー号』の元ネタ~

このタイミングで巨大タコ登場 (; ・`д・´) はオドロキ。そして意外な真犯人。そうきましたかあ。科学的なのかなんなのか良く分からないところも多々ありながらも、娯楽作としては楽しめる。 「今日の無謀な夢も明日の現実」 ハリマン・ネルソン提督のセリフよ…

【映画】「地球の静止する日(1951)」~題名と違って、地球は止まらない~

題名をみて「ええー、突然地球を止めたら慣性の法則でみんな宇宙に吹っ飛んじゃうんじゃないの? いくら50年代のSFでもこれはひどい」と思ったけど、違ってた。地球は全然止まらなくて、機械が止まってた。 ・・・全然違うじゃん。原題が「The Day the Earth…

【映画】「タイタニックの最期(1953)」 ~大人のドラマ仕立てのタイタニック~

素晴らしかった。感動した。やはりどうしてもあの大ヒット作、ジェームズ・キャメロン版「タイタニック」と比較してしまうが、全く引けを取らない名作だと思った。特に主人公スタージェスの人物像がいい。頑固で傲慢な上流階級の男として登場するが、ラスト…

【映画】「第三の男(1949)」 ~光と影~苦くて渋い、大人の映画

アントン・カラスのツィター演奏が「これでもかー、これでもかー」とうるさい映画。 そして、きわめて評価の高い「光と影の映像美」、抑制の取れた演出、人生や運命の苦さが光るストーリーで、「評判にたがわぬ渋い映画だなあ」と感心。昭和時代、名作映画ラ…

【映画】「タイム・マシン(1960)」~ジョージ・パルのパペット・アニメーションと超低速撮影~

超有名なSF作家、H・G・ウェルズの小説「タイム・マシン」の映画化作品。見どころはまずSF映画界に大きな影響を与えた監督ジョージ・パルのパペット・アニメーションと超低速撮影。ろうそくがみるみる縮んでいったり、太陽がぐるぐる昇ったり沈んだり、マネ…

【映画】「地底探険(1959)」 ~ゲルトルードが最高~

トカゲはことごとく要らなかったと思う。トカゲがなければ今でも格調を保てたかもしれない。 いかにも50~60年代風の地底のセットもよかったし、アイディア満載、空想科学コメディみたいな感じでかなり楽しかった。オリバーとカーラの、犬猿の仲からの両想い…

【映画】「大空港 (1970)」~忘れられがちだけど傑作~ パニック映画のはしり

久しぶりに観たけど、やっぱり面白い。「ポセイドン・アドベンチャー(1972)」「タワーリング・インフェルノ(1974)」へと続く70年代パニック映画ブームのはしりの作品だけど、災害や大事件、未曽有の大惨事などに巻き込まれて大騒ぎしてドカーン、ワー!…