エムログ

古い映画感想ブログです。驚くほど忘れてしまうので備忘録として。

【映画】「地底探険(1959)」 ~ゲルトルードが最高~

 

f:id:msan1971:20190515224512j:plain


題名 地底探険
監督 ヘンリー・レヴィン
制作 チャールズ・ブラケット
脚本 チャールズ・ブラケット
原作 ジュール・ヴェルヌ「地底旅行」(1864)
出演 ジェームズ・メイソン、パット・ブーン、アーレン・ダール、セイヤー・デヴイッド、ピーター・ロンソン
上映時間 130分
制作年 1959年
制作会社 20世紀FOX
制作国 アメリカ
ジャンル SF、空想科学、探検、50's

 

f:id:msan1971:20190515225028j:plain


*********** あらすじ ***********
エディンバラ大学地理学教授のオリバーは、ナイトになったお祝いに貧乏学生アレックから溶岩の塊をもらう。その溶岩の中には測量に使用する垂球が入っており、100年前「地底には世界がある」と言って姿を消したアイルランドの科学者アーネ・サクヌセムのサインとメッセージが書かれていた。オリバーはアイルランドのゲタボルグ教授に手紙で意見を求めるが、ゲタボルグはその手紙を見た直後に行方不明になったことを知る。ゲタボルグの魂胆を見抜いたオリバーは、手柄を横取りされまいとアレックと共にゲタボルグの後を追う。途中二人は何者かに襲われアイルランド人のハンスに救出されるが、ゲタボルグの方は毒殺されていた。ゲタボルグが最後に会った人物がサクヌセムの子孫サクヌセム伯爵であったことを知ったオリバーは、アレック、ゲタボルグの妻カーラ、ハンス、ハンスのペットでアヒルのゲルトルードと共にサクヌセム伯爵を追って地底へ向かう。
*********************************

 

f:id:msan1971:20190515224837j:plain


トカゲはことごとく要らなかったと思う。トカゲがなければ今でも格調を保てたかもしれない。

いかにも50~60年代風の地底のセットもよかったし、アイディア満載、空想科学コメディみたいな感じでかなり楽しかった。オリバーとカーラの、犬猿の仲からの両想い成立の流れも典型的で安心できる展開だし、悪役のサクヌセム伯爵もクソで良かった。

f:id:msan1971:20190515225138j:plain


個人的には、登場人物の中ではハンスと、ハンスがめちゃくちゃに可愛がっているアヒルのゲルトルートがすごく好きで。目の周りが黒くて愛嬌があって滑稽な感じが可愛くて、大冒険の中のコメディ・リリーフとして非常に上手く機能しているのだ。いいなあ、あの関係。二人はずっと一緒なの。私にとってのこの映画の主役は、ほとんどゲルトルードなのでした。

f:id:msan1971:20190515225111j:plain


でもトカゲがさあ・・・トカゲじゃなきゃダメだったかなあ・・・なんか自然現象とかでも良かったんじゃ・・・トカゲ、あんまり大きそうでもなかったし・・・大して活躍もしてなかったし・・・・原作もああだったかなあ(覚えてない)。


主役のひとりが全盛期のパット・ブーン。 いかにも優等生的な甘いマスクで、嫌味が全然ない男なのだった。劇中では歌も聴かせてくれるぞ!

だいぶお馬鹿な役で、科学者になろうという男とは思えないドジっ子ぶり。穴には落ちるし、塩の流砂には自分から飛び込んじゃうし、地上にはないキノコなのにかぶりついちゃうし、探検中の怪我は大したことなさそうだったのに、ラストのシーンで車椅子に乗ってるから「あれ?治ってなかった?」って思ったら結婚式で怪我したんだってw。やたらとお気楽で、探検中も婚約者にもらったコンサティーナ(アコーディオン)を弾きながら歌を歌ってるし。陽性ですなあ。

ふつう入浴シーンといえば女性が担当するって相場は決まっているんだけど、今作ではカーラ役のアーレン・ダールを差し置いて、パット・ブーンが入浴シーンを担当していた(笑)後半はずっと上半身裸で半ズボンだし。精一杯露出して、女性ファンに大サービスしたね。

パット・ブーンはちょっと好きで、ベスト盤を持ってる。ロックスターとしては優等生過ぎて、エルヴィスと比較されては馬鹿にされて、そりゃあ比較すればやっぱりスーパースターのエルヴィスには敵わないんだけど、それはそれ、これはこれとして、ブーンは白人ポップスなんだからいいと思うよ、私は。

夏に聴くと涼しげで、とても気分が良くなります。



ところで今回、改めてパット・ブーンについて調べてみたら、彼はなんと1997年に突如ヘビメタ系のカバー・アルバム「メタルバカ一代」というCDを出し、レザー・ファッションに身を包み、ハーレーにまたがり登場して往年のファンの顰蹙を買ったらしい(笑)。やるね。Amazonで調べたら購入可能で、しかも評判がよい。メタル好きじゃないんだけど、ちょっと興味あるなあ。気が向いたら買ってみようかなあ。

しかし「メタルバカ一代」って、訳した人天才(原題は「In a Metal Mood」)。