エムログ

古い映画感想ブログです。驚くほど忘れてしまうので備忘録として。

【映画】「ある日どこかで(1980)」 超ロマンティックなタイムトラベル・ラブ・ストーリーの傑作

f:id:msan1971:20190711223108j:plain


題名 ある日どこかで
監督 ヤノット・シュワルツ
脚本 リチャード・マシスン
原作 リチャード・マシスン 「ある日どこかで」(1976)
出演 クリストファー・リーヴ、ジェーン・シーモア、クリストファー・プラマー、テレサ・ライト
音楽 ジョン・バリー
上映時間 103分
制作年 1980年
制作会社 ユニバーサル・ピクチャーズ
制作国 アメリカ
ジャンル SF、80's、タイムトラベル、ラブ・ストーリー


70年前の女優に恋して、「こけの一念、岩をも通す」並みに気合でタイムトラベルする男性の話です。タイムトラベルと聞いて一般的に思い浮かべるのはドラえもん的なタイムマシンに乗って過去や未来に向かう方式ですが、この映画は違います。

そしてたいへんロマンチックな、カルト的人気を誇る根強い人気のソフトなSF映画です。残念ながら公開当時は全くヒットせず、DVDや衛生放送などからじわじわと火が付くという、カルト化の王道をいった映画です。

f:id:msan1971:20190711223207j:plain


売れっ子劇作家のリチャードはスランプにおちいって、気分転換にグランドホテルを訪れます。そしてホテルの展示室に飾られた写真の美しい女性に一目で恋をしてしまいます。

熱に浮かされたように彼女のことが頭から離れないリチャードは、彼女が何者なのかを調べ始めます。子供のころからホテルで働いている老人アーサーや、町の図書館、果ては彼女の自宅まで訪ねていきます。

その結果、彼女はエリーゼ・マッケナという70年以上まえの売れっ子女優で、8年前、まだ自分が駆け出しだったリチャードの舞台の千秋楽に現れて、「帰ってきてね」の言葉と懐中時計を手渡していった見知らぬ老婆であり、1912年に引退し1972年に亡くなっていることを知ります。

さらにはエリーズが、リチャードにくれた懐中時計を生涯肌身離さず大事にしていたこと、リチャードの舞台を見たその晩に亡くなったこと、活発だった性格が1912年を境に一変してふさぎ込みがちになったこと、リチャードの大学時代の哲学教授が書いた本「時の流れを超えて」を愛読書としていたこと、リチャードと同じくラフマニノフの「パガニーニのラプソディー」を愛していたことなど、多くの点で自分と関連していることを知ります。

f:id:msan1971:20190711223317j:plain


これは不思議です。彼女はたいへんな美人だから恋もしたけど、どちらかというと「謎に」憑りつかれる感じがあります。

そこでリチャードは彼女と出会うために過去へいく方法を探り始めます。タイムトラベル研究者のフィニー教授のもとを訪ねるのですが、彼が実際に時間旅行に成功しかけたことと、その方法を教えてもらいます。

その方法とは「自分に暗示をかけること」「あらゆる現代のものを身の回りから排除し、自分は過去にいるのだと100%信じること」でした。

リチャードは早速準備をして時間旅行に挑みます(旅行とはいっても、戻ってくる気はたぶんないのですが)。しかしおそらく「過去へ行ける確信」が持ちきれなかったと見えて失敗してしまいます。

リチャードは、1912年のホテルの宿帳に自分のサインがあれば、間違いなく自分は1912年へ行きエリーゼに会っていることになると気づきます。そして1912年の宿帳を確認すると、はたしてリチャードのサインはありました。

今度は自信を持って時間旅行に挑みます。そして目が覚めると、そこは1912年のグランドホテルでした。

そしてリチャードとエリーズはもちろん出会い、エリーズの方もリチャードに一瞬で恋に落ちます。しかもエリーズは、まだ見ぬリチャードを「待っていたり」します。「運命」なんですね。

そして恋敵としてエリーズのマネージャーであるロビンソンも登場し、二人の関係を妨害しようと画策しますが、その後の結末については、ぜひ映画をご覧になっていただきたいと思います。

f:id:msan1971:20190711223345j:plain


配役は、主役のリチャード・コリア役に「スーパーマン(1978)」に出たばかりの頃のクリストファー・リーヴ、エリーズ・マッケナ役は「007 死ぬのは奴らだ(1973)」でボンドガールを演じたジェーン・シーモア、エリーズのマネージャーであるロビンソン役には「サウンド・オブ・ミュージック(1965)」などのクリストファー・プラマーです。プラマー出演作では「黙秘(1995)」が、私の大のお気に入り(かなり重い映画ですが)。

監督は「ジョーズ2」のヤノット・シュワルツ。流麗な音楽を担当しているのは、巨匠ジョン・バリーです。



今回この作品を選んだのは、前回あげた「赤い靴(1948)」のレルモントフとヴィッキーの関係を見ていて、この「ある日どこかで」のロビンソンとエリーズを思い出したからです。

 

www.mlog1971.com

 
レルモントフとヴィッキーの関係は、芸術に人生をかけ、高く高く深く深く、真の芸術に迫っていこうとするレルモントフと、そのレルモントフに見出された才能ある踊り子という関係で、せっかくヴィッキーがこれから本格的にスターになる、というときにジュリアンがさらっていき、レルモントフは激怒します。

このロビンソンとエリーズもそれと似た関係です。レルモントフほど芸術の高みに挑む二人ではありませんが、ロビンソンは16歳で場末の劇場に出演していたエリーズの才能を見出し、二人三脚で育て上げ、エリーズの女優としての成功のために献身しています。そこへ突然リチャードが現れて、あっという間にエリーズの心をかっさらわれてしまって嫉妬する、という設定。

「赤い靴」の方は題材も「バレエ」ですし、見るからに「芸術作品」という印象の一方、「ある日どこかで」はあくまでも娯楽作として、設定も含めて、けっして難しくならないように作られているなと思いました。

f:id:msan1971:20190711223558j:plain


この作品は原作があって、リチャード・マシスンの同名小説「ある日どこかで」の映画化作品です。

原作と比較しても、基本的なプロットはほぼ同じなので、どちらを先に鑑賞しても印象はあまり変わらないかと思います。

いくつか変更された設定の中で、最も大きく変更されているのが主人公リチャードの設定です。映画では心身ともにいたって健康な青年として登場しますが、原作では脳腫瘍におかされ寿命が残り少ないという設定です。そのため、物語の結論は同じなのですが、鑑賞後の印象や後味がだいぶ違います。


 


そして小説自体もおすすめなのですが、実は「あとがき」がとても充実していて、原作の制作秘話や映画の撮影秘話、訳者がいかにこの作品に入れ込んでいるかなどが丁寧に語られていておすすめです。

小説は原作者のマシスンの実体験が元になっていること、エリーズ・マッケナにはモデルとなった女優がいること、モデルになった女優モード・アダムズの略歴などが詳細に語られています。

マシスンは偶然目にしたモード・アダムズの写真に目を奪われ、彼女のことを調べ始めます。そして喜劇を中心に出演していたアダムズが、突然悲劇的な作品ばかりに出るようになり、引退してしまうことを知ります。なぜ暗くふさぎ込むようになったのかまではわからないのですが、マシスンはそれを恋愛によるものと考えて、この小説を書いたそうです。ほとんどエリーズそのままですよね。ロビンソンにあたるマネージャーも実際にちゃんといます。

モード・アダムズは前世紀後半から活躍した舞台女優で、世界中で再演が繰り返されている有名な舞台「ピーター・パン」でピーター・パン役を演じた最初の女優であること、それがきっかけでピータ―役を女性が演ずることが伝統になったこと、劇作家のジェームス・バリーはアダムズが演じることを前提に「ピーター・パン」を書いたことなどからも、彼女が当時のスター女優だったことがわかります。

ただ残念なことにアダムズは舞台女優であって映画には出演していないため、動くアダムズを見ることはできませんが、小説のあとがきには彼女の写真も載っていますし、ネット検索すると彼女の写真を何種類か見ることができます(全然違うモード・アダムスさんが出てきてしまいますが、画像検索でよく探すと見つかります)。

そのことからもこの映画の人気がうかがえますし、「ある日どこかで」ファンがモード・アダムズ自身にも関心を寄せていることがわかります。

そしてアダムズ、かなり可愛いんですよ。100年もたつと美の基準も変わりますし、今の感覚で見ると「よくわからん」となることも多いですが、アダムズは今でも通じるかわいらしさなんじゃないかなと思います。


今回「ですます調」にしてみました。

 

f:id:msan1971:20190711223625j:plain