エムログ

1999年までの映画しか取り上げないブログ

【映画】「カジノ・ロワイヤル(1967)」 大量美人。~ジェームズ・ボンドのおバカ版~ 傑作カルト作品




おすすめ度 ★★★★
 
題名 カジノ・ロワイヤル(Casino Royale)
監督 ジョン・ヒューストン、ケン・ヒューズ、ロバート・パリッシュ、ジョセフ・マクグラス、ヴァル・ゲスト
制作 チャールズ・K・フェルドマン
脚本 ウォルフ・マンキウィッツ、ジョン・ロウ、マイケル・セイヤーズ
原作 イアン・フレミング 「カジノ・ロワイヤル」1953年
出演 デヴィッド・ニーヴン、ピーター・セラーズ、ウディ・アレン、ウルスラ・アンドレス、デボラ・カー、ジャクリーン・ビセット、オーソン・ウェルズ
音楽 バート・バカラック
上映時間 131分
制作年 1967年 
制作国 イギリス
ジャンル コメディ、パロディ、おバカ
 


この映画大好き。大好きだけど、どんなストーリーなのか全然わからん(笑)わからなくても楽しい、いや楽しいからこそストーリーなんかそっちのけになってしまう尊いおバカ映画の傑作。終始ニヤニヤしながら楽しめる。
 
そして美女が猛烈に出てくる。若いのから年増まで、はてはエキストラに至るまで、ぜーんいん美女。壁の花みたいなチラッと映るだけの女性でもみーんな美人。隅々まで美人。今までこれほどまでに全員美人を集めた映画があっただろうか。
 
オースティン・パワーズ・シリーズに多大な影響を与えているから、あれが好きな人は絶対見た方がいい。最大の違いは、オースティン・パワーズは「お下劣」だけど、こっちは「お下劣じゃない」ところ。私はあんまり下ネタって好きじゃないから、個人的にはこっちの方がはるかに好き。
 

 

 

どんな話なのか

あらすじが良く分からないのだけれど、じゃあどんな話なのかということで一生懸命考えてみる。

たぶん、なんか悪の組織みたいなのが暗躍していて、世界中のスパイが次々と行方不明になる事態が起きているのに、各国の情報機関は手に負えなくて頭を抱えている。そこで今はすでに引退した伝説のスパイ、ジェームズ・ボンドに復帰してもらおうと、ボンドのところに英米仏露の情報機関のTOPがお願いにやってくる。

でもボンドに断られちゃう。おまけにその場を悪の組織に襲われて、Mは ”人体の一部かは意見が分かれる部分” を残して死んでしまう。

それで結局復帰することになったボンドは、自分が直接出向くのではなくて、自分の代わりに大勢の情報部員に「ジェームズ・ボンド」を名乗らせて悪と戦わせることにする。

代わりのジェームズ・ボンドたちや、マタ・ハリの娘の ”マタ・ボンド” らが調査を開始。ボンドは謎の組織スメルシとその幹部ル・シフルとカジノでバカラ対決をしたりしながら、悪の組織の親玉「ドクター・ノア」の正体とその動機を突き止めるが、その動機は実にバカバカしいものだった。

・・・こんな感じかなあ。うん、なんかこんな感じがする。

 

 
でも、はっきり言ってストーリーなんてどうでもよくて、ただただナンセンスな馬鹿馬鹿しさと、豪華な俳優陣のおバカ演技、スタイリッシュなファッションや映像、美しい女優達を見ているだけで十分。

ちょっとお酒入ってるともっと楽しいかも。

 
 
👇 映画の trailer こんな映画です。

www.youtube.com

 
 

俳優陣が笑うほど豪華すぎる(笑)

とにかく出演俳優が無駄に豪華すぎる。錚々たるメンバーが悪ふざけをしている。

というか悪ふざけをするために錚々たるメンバーがノリノリで集まっちゃったという感じ。ここまで集められるのは相当凄くて目がくらみます。

ちなみに以下の各俳優の出演映画はこのブログで取り上げた作品を優先していますので、彼らの代表作という訳ではありません。ご了承ください。

 
まず主演のジェームズ・ボンドには『80日間世界一周(1956)』のデヴィッド・ニーヴン。好き。今作でも粋でダンディ、そしてかわいい。
 
👇 デヴィッド・ニーヴン

f:id:msan1971:20211024025618j:plain

Oleh Trailer screenshot - The Toast of New Orleans trailer, Domain Publik, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2249999

 

次のジェームズ・ボンドには『喰いついたら放すな(1960)』のピーター・セラーズ。ほんとに同じ人?っていうくらい別人に見える。あっちは悪人面のオッサンで、こっちは結構ハンサム。
 
👇 ピーター・セラーズ

f:id:msan1971:20211230015238j:plain

By Chicago Sun Times / United Artists studios - Historical Images on eBay, Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=23621003

 

www.mlog1971.com

 

 

何人もいるジェームズ・ボンドの中のひとりにNY派名監督のウッディ・アレン。今作では「ささいなことですぐに死んでしまう役」をやっていたw。死ぬのに慣れてそうw 

👇 ウッディ・アレン(左の人です)

f:id:msan1971:20211230015556j:plain

By NBC Television - eBayfrontback, Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=31434230

 
 
 
悪の組織スメルシの幹部ル・シフル役には『市民ケーン(1941)』の怪優にして ”伝説いっぱい” オーソン・ウェルズ。
👇 オーソン・ウェルズ(右の人です)

f:id:msan1971:20211230015910j:plain

By Stevan Kragujević - Transferred from sr.wikipedia to Commons., CC BY-SA 3.0 rs, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=33414944

 

www.mlog1971.com

 

 
Mの妻で年増のミミ/マクタリ夫人役には『キング・ソロモン(1950)』でヒロインのエリザベスを演じたデボラ・カー。年増になってもすごい美人なのに、真面目な顔しておバカな演技をたくさん見せてくれます。オスカーに何度もノミネートされてる大女優なのに・・・ありがとう。ますます好きになりました。
 
👇 デボラ・カー

f:id:msan1971:20211230020158j:plain

By Allan warren - Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=11207816

 

www.mlog1971.com

 

 
他にもジェームズ・ディーンとデートしてたことでも有名なウルスラ・アンドレスや、名作にいっぱい出ているウィリアム・ホールデンなど。

すごい超チョイ役で、私も大好きジャン=ポール・ベルモンド、私が世界一かつ歴代一美しい女性だと思っている『大空港(1970)』などのジャクリーン・ビセット(今回は”ミスふともも”役)、名優ピーター・オトゥールなんかも出ています。

そして数々の名作をモノにしていて、今作の監督であらせられるオスカー監督ジョン・ヒューストンがM役です(笑) とぼけた顔して、ほんと笑わせる。俳優としてもバツグン(実際俳優としてもオスカーをとっている)。
 
 

ここで映画の解説

今作はイアン・フレミングの007シリーズの第一作目です。

で、早々に映画化権を押さえたのはいいけどなかなか映画化に漕ぎつけないうちに、今となっては主流になったショーン・コネリーから始まるイーオン・プロ制作の007シリーズが始まってしまって人気シリーズになってしまった。そこで一念発起して、こっちはオールスター・パロディ作品に仕立て上げたらしい。
 
いいよ。よかったよ。

私は本家よりもこっちの方が断然好みです。
 
わたし本家ニガテなの。なんか男臭すぎて、いまひとつ興味が持てないの。本家は「強い男とおもちゃの女」というイメージで、男の少女マンガって感じがする。男が男らしくて見てる男がうっとり、みたいな。

女が恋していて見てる女もうっとり、っていう映画も全然好きじゃないし。
 
でも本作はそういう思想とか美学的なことは全然ない。男も女も関係なく、全員がおもちゃ。

​​​​​​​頭を空っぽにして、にやにや楽しめる良作です(おバカだけど)。

見てみてねー。



 

👇 Amazon Prime Video でも見られます。



👇 Blu-rayとかDVDもあります。