エムログ

古い映画を中心に、本、仕事・・・etc. 驚くほど忘れてしまうので備忘録として。

【映画】「金星ロケット発射す(1960)」~平和を祈る東ドイツ制作のレアものSF~

f:id:msan1971:20190826223335j:plain


題名 金星ロケット発射す
監督 クルト・メーツィヒ
出演 谷洋子、オルドリッチ・ルークス、イグナーチ・マホフスキ、ミハイル・N・ポストニコフ、ルチーナ・ウィンニッカ
上映時間 78分
制作年 1960年
制作国 東ドイツ/ポーランド 合作
ジャンル SF、東側もの


「もしや行かなければよかったのでは」というオチが光る東ドイツとポーランドが合作した珍品SF。火星ではなく、金星に行くというのもレア。ハリウッド制作の古いSFに飽きた、マニア向け。

60年頃のSF映画であればセットや特撮はまあ、こんなもん。役者陣も華がなくて、映像も8mm映画みたいで、まるで80年代の自主製作映画のようでもある。ハリウッド的なエンターテインメントにかなり寄っていて、映画黎明期には『カリガリ博士(1919)』『M(1931)』といった映画史に残る傑作を次々と世に送り出してきたドイツ映画の、クールなセンスやインテリジェントはどこさいったの、と思わなくもない。

とはいえテーマは「平和」で至って真面目。

第二次世界大戦後、西と東に分かれたドイツ。60年頃といえば、社会主義をとった東ドイツから西側へ脱出する人々が毎年20万人にもおよんであとをたたず、やばいからそろそろなんとかしなくっちゃ、くらいの時期。この映画が公開された翌年には、あのベルリンの壁が建設される。

そういう緊迫した情勢下で、このような平和プロパガンダ映画が、SF方式かつエンターテインメントとして作られたのかと思うと感慨深い。

本来この映画は、東ドイツ/ポーランド合作映画なのだが、タイトルバックが英語なうえに、登場人物が全員英語を喋っているのが残念。どうやらアメリカ公開時に全編吹き替えしたものが、日本に入ってきているらしい。これは残念。ドイツ語版で観たかった。

f:id:msan1971:20190826223632j:plain

コスモストレイター号
****** あらすじ ******
時は1985年。工場建設中のゴビ砂漠で奇妙な ”かけら” が発見された。世界中から天才科学者が集結し研究したところ、その ”かけら” の内部にはコイル状のものが見られ、地球には存在しない物質が混じっていたことから、地球外からやってきたものと断定された。1908年にシベリアでツングースカ大爆発を起こした隕石は他の惑星からやってきた宇宙船であり、墜落寸前に最も大切なものを窓から放り出した、それがこの ”かけら” ではないかというのだ。”かけら” は磁気記録装置であり、中には見知らぬ言語と思われる情報が入っていた。調査団はその惑星は金星であると断定。金星と通信を試みるが応答はない。7人のクルーを集め調査団を結成し、元々火星へ向かう予定であったコスモストレイター号で金星へ向かう。

流星群との接触などもあって地球との通信が不能になる中、”かけら”の解読に成功。内容は金星人が地球を侵略しようとする、驚くべきものであった。地球への連絡が出来ない中、クルーはそのまま金星へと向かう。

順調には行かなかった宇宙飛行だが、まずは無事に金星に到着。クルーは探査船を送り込む。しかしそこは生命の気配のない、無人の惑星だった。地球よりも高度な文明の痕跡を見つけた調査団は、さらに深く調査を継続する。その結果、金星は地球へ核を打ち込もうと計画していたが失敗し、全滅したことを知る。しかし残された機械はいまだ活動しており、幾度となくクルーは命を脅かされ、クルーの一人が撃った中性子銃が核発射装置のスイッチを入れてしまい、全ての機械が動き始める。このままでは地球が危ない。それを阻止した二人のクルーが命を落とす。生き残ったクルーは地球へ帰還。全人類に平和の尊さを訴える。
**********************

f:id:msan1971:20190826223737j:plain

なんだかすごく地獄な金星 こわい

まず、日本人でこの映画を見れば必ず「おや」と思うのは、登場人物の中でヒロイン格の役柄を演じているのが、日本人女性であるということでしょう。谷洋子という日本人らしく、本作ではオギムラスミコという内科医で、金星に向かうコスモストレイター号クルーの紅一点という、非常に名誉な役柄を与えられている。

私なら外科医を連れて行くなあ! ( `ー´)ノ 実際結局、船長が怪我をして緊急手術をするはめになっていた。なんかアインシュタイン並みの頭脳を持つ数学者の設定だった博士が手術をしていたように見えたけど。だいじょぶ? まあ船長はラストにコスモストレイター号から降りてきた時はピンピンしていたから、帰還中に全開したんだね、よかった。

いや、そんなことはどうでもよい。このヒロインのスミコさん、私にはあんま美人には見えなかった。もちろんヒロインが美人である必要はないし、映画でも「美人」とは言われていない。でもやっぱりヒロインだったら美人を期待するよねえ。

白人から見るとこういうのがアジア系美人なんでしょうか(だから美人役じゃないかもしれないじゃん)。

なんかあ、「人類で初めて月面に降り立った」というまるでアームストロング船長のような立ち位置のクルーの一人ブリンクマンさんに長年想いを寄せられていて、それを「宇宙に必要ないものは持ち込むべきじゃないわ」なんてもの凄くいい女なセリフを言ってたしなめていたり、夫を月面で亡くしたらしくて、そのクレーターがモニターに映った途端に悲しげに顔を背けて立ち去ったりと、彼女だけやけにドラマチックなの。他のクルーなんて私生活のことはまるっきり触れられていないのに、スミコだけが特別扱い。

なんか納得いかなかったよ(谷さん、ごめんなさいね)。

f:id:msan1971:20190826223919j:plain

スミコと愛を語るブリンクマン

次に、高性能ロボット「オメガ」。どう。この顔。ふざけてるでしょうw  オメガちゃんと呼びたい。

超高性能らしいけど、天気予報と、放射能を測定できるらしいのと、チェスがやたらと強いことくらいしか映画の中では分からなかった。

あまりにもチェスが強くて、クルーを負かしてばかりいるからと、スミコがオメガを開発した博士に「愛をあげて」とかなんとか言って、うまく負けてあげるように改造してもらってたよ。

( *´艸`)「愛をあげて」(笑)「思いやり」とかでよくない?

金星到着後は上陸したブリンクマンと一緒に行動を共にして、放射能を察知して「キケン、キケン」ってブリンクマンに教えてあげてたから、役には立ったのかな。

f:id:msan1971:20190826224008j:plain

天気予報をするオメガちゃん

しかし7人登場する中、唯一の女性クルーでヒロイン格を日本人に(役名はオギムラスミコ)、7人の中ではかなり活躍する天才言語学者で、ラストは地球を救うために命を落とすという美味しい(?)役には中国人を(役名はチェン・ユー)、あまり活躍しないがラストはチェンと同様に地球を救う通信士にはアフリカ系黒人をあてるという(役名はタルア)、国際色豊かな配役。

この時代だとオール白人キャストも全然珍しくない時代。たとえばこのブログでも取り上げた『2300年未来への旅(1976)』なんて、あんなに大勢のエキストラが出ていたのに、ぜーんいん白人だった。そんな映画も多い中、かなりのグローバルさ。

まあ全人類を救うためとはいえ、最後命を落とすのが中国人と黒人だと、解釈次第では人種差別的にも捉えられるかもしれないけど、私は見ていて「おっ、美味しい役を」と思ったから、映画全編を通して差別的なものを感じなかったということだと思う。実際スミコはヒロインで、最後戻ってくるんだし。差別じゃなかったと思う。

f:id:msan1971:20190826224716j:plain


まあ言ってみれば、結局金星人は広島型原爆のように「影だけを残し」全滅していたのだから、わざわざ行く必要はなかったわけだよねw  行かなけりゃこのまま何もなかったかもしれないのに、わざわざ出かけて行って自分でスイッチを押し、解除して戻ってくるという・・・何しに行ったのと思わなくもない。

1908年に宇宙船が地球に来て、もう80年間も何事もなかったのだから、もうちっと慎重に計画したり探査したりしてから上陸すればよかった。

最後はスミコが、死んだチェン・ユーが金星で発見した植物の種から「芽が出たのよ!」って、「あなたは金星に生命がいた証拠を見つけたのよ! あなたの命は無駄じゃなかったわ!」みたいに感動的ないい話にして終わらせようとしてたけど、それ地球に持って帰って大丈夫? 高度な文明の痕跡がいっぱいあったから、植物なくても生命がいた証拠は十分そろってたと思ったけど。

このあと『リトルショップオブホラーズ(1986)』みたいにならない? 地球と人類が心配になったよ。

f:id:msan1971:20190826224737j:plain

影だけを残して滅びた金星人

【蛇足】

今作は日本公開時『大怪獣バラン』との同時上映だったらしいw  ははあ、なるほど、日本ではそういう扱いだったのね、SFって。

 
 
冒頭にも書いたが、この映画は英語吹き替え版。でもドイツ語版はYoutubeで公開されていた。映画本編は長いので、トレーラーの方を貼っておく。

「原題:Der schweigende Stern」トレーラー


Der schweigende Stern - DEFA-Trailer


映画本編はこちら。
何を言っているのかぜんぜんわからないけど、あらすじ読んでくれれば大体分かるのではないかと思います。映像はDVDなんかより100倍キレイです(笑)

じゃ、またねー。

 



【参考記事】 

www.mlog1971.com

www.mlog1971.com

www.mlog1971.com

www.mlog1971.com