エムログ

古い映画感想ブログです。驚くほど忘れてしまうので備忘録として。

【映画】「陽気な街(1937)」ゆるめのラブ・コメディ・ミュージカル

f:id:msan1971:20191005231902j:plain


題名 陽気な街
監督 ロイ・デル・ルース
制作 ダリル・F・ザナック
出演 ディック・パウエル、マデリーン・キャロル、アリス・フェイ、アル・リッツ、ジミー・リッツ、ハリー・リッツ、ステピン・フェチット
上映時間 89分
制作年 1937年
制作会社 20世紀フォックス
制作国 アメリカ
ジャンル ミュージカル、コメディ、ラブロマンス、モノクロ



ミュージカル映画の始まりは、映画がトーキー化された後の『ブロードウェイ・メロディー(1929)』が最初で(未見)、その後40年代から50年代にかけて全盛期を迎え、60年代の半ばにはほぼ死ぬんだけど、この1937年公開の『陽気な街』はわりと最初の方の作品てことになるかな。

そのせいかどうか分からないが、この『陽気な街』は、その後のミュージカル映画の王道ともいえる「ド派手で大掛かりで豪華絢爛で荒唐無稽な内容」ではなく、舞台役者と金持ちの娘の恋の行方という、割とふつうのラブ・コメディだった。

主役のディック・パウエルはミュージカル・スターのはしりみたいな方らしいが、歌はうまいが見た目はわりと普通の男の人だった。

物語もふつう、演出もふつう、出てくるスターも男女ともにふつう、全部ふつう。だけど、ゆる~い感じのコメディで結構楽しめた。

f:id:msan1971:20191005232126j:plain


****** あらすじ ******
ニューヨークのブロードウェイではミュージカル「オン・ジ・アヴェニュー」が初日を迎える前から”笑える”と大評判で、高いチケットも完売するほど。初日の最前列には大富豪キャラウェイ父娘も見に来ていたが、その舞台が自分達を風刺して侮辱する内容で大激怒。すぐに席を立って帰ってしまう。娘のミミは上演をやめさせようと舞台裏で大騒ぎ。主演で脚本家のゲイリー・ブレイクにくってかかるが、軽く追い払われてしまう。おまけに舞台をやめさせようと騒いだことまで新聞に載り、恥の上塗りだ。怒り心頭のキャラウェイはゲイリーらを訴えようとする。舞台をなんとかやめさせたいミミは冷静に話し合おうとゲイリーを呼び出すが、二人はお互い惹かれあい、ミミが自宅へ帰る頃にはお互いすっかり恋に落ちていた。

ミミに恋したゲイリーは舞台の風刺シーンを大幅に書き直し、彼女の期待に応えようとする。しかしゲイリーに恋心を寄せていた舞台の相棒のモナは言うことを聞かず、ますます風刺がひどい舞台になってしまう。書き直してくれると聞いたミミは父親や叔母と一緒に見に来ていたが、自分達の扱いがさらにひどくなっているのを見て怒って帰ってしまい、ゲイリーの計画は水の泡になる。

期待を裏切られたミミは財力を使って舞台を買い取り、自分の思い通りに舞台を荒してしまう。何も知らずに舞台に立っていたゲイリーは、大事な舞台が壊されたことに激怒。ふたりの仲はこじれてしまい、ミミは探検家との結婚を決めてしまう。責任を感じたモナがミミの元を訪れ真実を話し、二人はめでたく結ばれる。
***********************

f:id:msan1971:20191005232144j:plain


大富豪のキャロウェイや娘のミミは、今風に言うとパリス・ヒルトンみたいな存在なのかな。まあ、パリスよりはミミの方がずっとマシだとは思うが。

ゲイリーがつくった舞台上でのキャロウェイ家の風刺シーンは、ヨット大好きキャロウェイが子供みたいに帆船のおもちゃを引きながら登場したり、咥える葉巻がめちゃくちゃ巨大だったり、ミミの登場シーンでは犬好きの彼女を揶揄してるのか20匹くらいの犬を引き連れて登場したりしてた。食事シーンでは、貴族とかにありがちな長ーいテーブルの端と端で食事していて、会話するにも電話を使うというありさまで、その電話に出るにもイチイチ召使がいったん出て、ミミに取り次ぐというバカバカしさ(笑)こういうパロディ、アメリカ人好きそう。


ゲイリーとミミのデート・シーンも楽しくて、大衆食堂での他の客や店主とのやりとりもテンポが良くて楽しかったけど、特に射的のシーンでは、ゲイリーだけじゃなくてミミも上手くて、やたらとノリの良いお嬢様っていう感じでミミの好感度アップの場面。

まずはゲイリーが撃って的をパンパン落としてミミに交代。するとミミも受けてたって的をパンパン落とす。今度はゲイリーは背面撃ちを披露。的に背中を向けて鏡を使って的を落としてミミに交代。するとミミも同じように背面撃ちをしてみせる。「やるな」となったゲイリーが次は仰向けになって銃を構えて的を落とす。ミミも同じように受けて立つ!という具合。ここでミミを好きになれる。


他の出演者では、ミミの叔母であるフリッツおばさんが可愛い。大富豪の一族にひとりはいるという(m調べ)、ユーモアがあって話の分かる叔母さんで、名誉と体裁をやたらと守りたがるキャロウェイを小馬鹿にしていて、そしてミミを大切に愛している。ミミが二度目に舞台を見に行った時は一緒に行って、自分たちがバカにされている場面に大笑い。「あれあなたよ!」爆笑、「あれ私よ!」大爆笑、といった具合。かあいい。

f:id:msan1971:20191005232244j:plain


といったコメディ部分も楽しめたが、主役のゲイリーが、ガゼット誌の表紙を飾る女の子に恋する歌を歌う一連のシーンが美しくてとても良かった。

ガゼット誌の表紙の女の子に恋をした歌い手は、彼女を絶対に見つけ出すぞと決意してあちこちを探してまわる。床屋→馬車の停車場→海辺のリゾート→舞台のポスターで彼女を発見→花屋で花を買い→劇場へ会いに行く。

曲もすばらしくて録音が欲しいと思ったし、歌に合わせて舞台がまわって、場面がすべるようにくるくる変わるので、テンポがよくて気持ちがいい。舞台美術やセットの良いところと、アップにしたりできる映画技術のいいとこ取りという感じ。ロマンチックで、よかった。

最後は劇場で彼女に会えて、写真をくださいと言って写真をもらって、「タイツ姿の写真がいい」と言って彼女に嫌われるというオチ。

60年代以降の、やたらとカメラが動き回ったり、カットがガチャガチャと切り替わったり、アップになったり引きになったりと、やたら世話しない現代映画とちがって、この時代はカメラが動き回われないから、定点カメラでじっくりゆっくり映像を撮影していて品がいい。悪く言えば退屈なのかもしれないが、よく言えば上品。

f:id:msan1971:20191005232313j:plain

f:id:msan1971:20191005232342j:plain

f:id:msan1971:20191005232436j:plain


最後に個人的な興味をひとつ。この映画にもステピン・フェチットが出てた! ステピン! また同じような役じゃん!

私は最近、『周遊する蒸気船(1935)』『プリースト判事(1934)』に出ていた黒人俳優の彼に興味を持っていたのだが、今回も全く同じ、「だいぶオツムの弱い」劇場の使用人役として出ていた。

また頭の悪い黒人役かあ。彼のテンプレート的な役柄なのかなあ。なんかなあ。


そこで今回、英語版のWikipediaとGoogle翻訳をつかって、ステピン・フェチットを調べてみた。

すると彼は初の黒人スター俳優で、たくさんの映画に出ていて、しかも黒人初の100万ドル・スターになった人物らしい。それもこの「頭の弱い黒人役」というのが彼の持ち味で、この役柄で大スターになったんだとか。

・・・そっかあ、それじゃあ同じような役しかやっていないのも仕方ないのかあ。


で、Wikiをよく読むと、彼のキャリアのピークは30年代で、その後は一旦引退したり復帰したりするけど上手くいかなかったらしい。興味深いのは、60年代になると人々の人権意識が高まって、黒人差別に関しても数々の闘いが繰り広げられるようになるけれど、その時このステピン・フェチットが演じてきた「頭の弱い黒人キャラ」に対してネガティブな脚光があたってしまっていたらしい。

「ああいう役ばかりをやらせる白人はけしからん」「ああいう黒人役ばかりしていたステピン・フェチットはけしからん」というわけか。


ほほう。・・・私も、ステピン・フェチットがいつも同じ役柄ばかり、それも「黒人=頭が悪い」みたいなステロタイプの役ばかりをやっているように見えたから、それで「え、どういう扱いなんだろう。こういう役ばかりをやらされていたのだとしたら嫌だなあ。できれば違う役柄もやっていてほしい」と思って興味を持ったわけだから、「ああいう役柄ばかりをやらせる白人はけしからん」と思っている人たちの仲間なわけだ。

だけど、彼が黒人初の100万ドルスターになり、黒人初の大富豪になったとすれば、それはそれで黒人にとっては必要なステップだったのだろうと思うしかない。彼はこの役柄で大富豪になり、大富豪になれば同じ黒人たちに希望も与えただろう。彼の役柄と存在は、その後議論の的になり、結果黒人差別撤廃に一石を投じたんだろうから、これは歴史の必然なんだろうと思う。

たぶん別の映画で、またステピン・フェチットを見ることがあるだろうと思うのだけど、その時また同じ役柄だったとしても「また会ったね!ステピン!いいね!」くらいのノリで見ることにしよう。

じゃねー。

f:id:msan1971:20191005232452j:plain