エムログ

古い映画感想ブログです。驚くほど忘れてしまうので備忘録として。

【映画】「華氏451(1966)」 読書が犯罪の世界

f:id:msan1971:20191219221000j:plain

題名 華氏451
監督 フランソワ・トリュフォー
脚本 フランソワ・トリュフォー、ジャン=ルイ・リシャール
原作 レイ・ブラッドベリ「華氏451度」1953年
出演 オスカー・ウェルナー、ジュリー・クリスティ
音楽 バーナード・ハーマン
上映時間 112分
制作年 1966年
制作国 イギリス
ジャンル SF、ディストピア


「本をいっぱい読まんと。本を読むだけだ。過去の記憶に追いつかねば」 モンターグの台詞


本の所有が禁じられた近未来。毎日届く新聞は漫画のみ。それも吹き出しがないという徹底した管理社会。人々はTVにかじりついて思考停止状態にあり、本を所有している人は告発され、蔵書はすべて燃やされてしまう・・・

出動するのはファイアマン(消防士)。この世界では彼らはもはや火を消すのではなく、本に火をつけるのが役目。日本語だと消防士になってしまうので具合が悪いが、英語ならfiremanだから火をつけていても矛盾しない。

人々は本を持つ人を密告し、本を持つ人はひた隠しにする。息が詰まる管理社会。


題名の「華氏451」は紙が燃えはじめる温度。読み方は「よんひゃくごじゅういち」だったらしい。私はずーーーっと「よんごういち」と読んでいた (+_+)ヨクヤルノヨネ かしよんひゃくごじゅういち。なんか読みにくいナー  (・へ・)んー

ちなみにモンターグの妻リンダと教師クラリスは、アカデミー女優ジュリー・クリスティの一人二役。

そのクラリスの教え子役で、5年後に日本で大人気となる『小さな恋のメロディ(1971)』のマーク・レスターがほんのちょい役で出てくる。この頃7歳くらい。「小さな恋のメロディ』の時は12歳くらい。なんかどちらもあんまり変わらない。

f:id:msan1971:20191219221942j:plain



****** あらすじ ******
本の所有が政府によって固く禁じられた架空の近未来。モンターグは勤勉かつ従順なファイアマン(焚書官)で、禁じられた書物を所有する者が発見され次第消防車で出動し、本を焼き捨てる日々を送っている。

モンターグはある日、女性教師クラリスと知り合う。クラリスの本に対する熱意を聞いたモンターグが帰宅すると、そこには毎日TVの前にいて、TVの中の人物を「家族たち」と呼ぶ妻リンダがいる。モンターグは二人の女性の間で自分の生活に疑問を感じ始める。そして生まれて初めて本を読む。仕事で手に入れたチャールズ・ディケンズの「デイヴィッド・カッパーフィールド」を読み、本の魅力に取りつかれて次々と本を隠し持つようになる。

ある日自宅へ帰るとリンダは友人を招いてTVを見ている。そのうつろな姿を見て途端に不機嫌になったモンターグは、隠してあった本を持ち出して寝室で読み始める。無作法な夫に腹を立てたリンダはモンターグに詰め寄るが、モンターグはリンダの友人たちに向かって本を読み聞かせる。激しく動揺し帰ってゆく友人達。リンダは「友人を失った。TVも私を招待してくれない。私はまた一人ぼっちになってしまった」と言ってモンターグをなじる。

その後ある老女の家の隠し図書館が発見され、ファイアマンが出動。同行したモンターグは、大量の本の中で上司から本の無意味さを延々と語られるが、こっそりと一冊盗み出す。そして燃える本と殉死する老女の姿を目の当たりにする。

その後クラリスの叔父が逮捕され、クラリスは姿をくらます。モンターグがクラリスの行方を探しはじめたころ、妻のリンダはモンターグを密告していた。自宅へ戻ったクラリスを発見したモンターグは、彼女から「川沿いに行ったところにある古い線路をつたってずっと奥に ”本の人々(ブック・ピープル)” が住むところがある」と教えられる。

クラリスと別れたモンターグはファイアマンを辞職すると上司に告げる。モンターグ最後の任務は自宅の捜索であった。本ではなくベッドを焼き、TVを焼いたモンターグは、上司に止められ彼を火炎放射器で焼き殺してしまう。殺人罪で追われることになったモンターグは追っ手をかわし、クラリスから聞いた ”本の人々が住むところ” へ向かう。そこでは人々が本を一冊丸暗記し、自らが本そのものになって知識と芸術を守ろうとしていた。モンターグはエドガー・アラン・ポーの『怪奇と幻想の物語』を暗記しはじめる。
**********************

f:id:msan1971:20191219221056j:plain



映画が始まると普通はオープニング・クレジットが流れるものだが、この映画の世界は「基本的に活字が否定されている」世界だから、クレジットが流れない。その代わりにナレーターが俳優名とか題名とかスタッフ名を読み上げる式で・・・このブログのアイキャッチはどんなに地味でもすべてタイトルバックで統一しているのにー (ノД`)・゜・。ウエエエン(泣) ・・・うーん、しかしどうしようもない。ナレーションで題名を言っているところにしよう。

そしてそのナレーションのバックには、人々の家の屋根にあるTVアンテナが次々とひたすら映し出される。

この映画は、人類の英知というか、人類が築き上げてきた哲学や思想、芸術を、脳と肉体に刻んで生涯をかけて継承していこう、それくらいの価値が本にはあるんだよ、「人類の過去=太古からの私たち人々の日々の積み重ね=それが本なんだよ」という、そういう映画。

そして ”テレビ” という新しい媒体が登場して人々の生活に完全に定着した時代の、テレビの悪影響をテーマにした作品でもある。

f:id:msan1971:20191219221757j:plain


この映画で人々は思考することを放棄して、最初のモンターグのように疑問を抱かずただ言うなりになっていたり、モンターグの妻リンダのように惚けたようにテレビの前でテレビの言うなりになって洗脳されているか、どちらかのように見える。モンターグの上司のように、いろいろなことに気が付いているが「これでよいのだ」と確信犯的に任務を遂行している人もいるようだけれども。

モンターグはある出会いで脳みそを動かし始めて目覚めた人になるけれど、リンダの方は無理でずっとテレビを眺めているだけ。テレビの中から「家族たち」「いとこたち」と呼びかけられて、すっかりテレビと ”家族” している。脳みそをどこかに置いてきちゃったかのようだ。


実際テレビが登場した頃は「頭が悪くなる電波」が出ているという噂が流れたと聞くし、私が子供の頃も「テレビばっかり見てると頭が悪くなる」と言われていた。

私は驚くほどテレビっ子ではなくて本ばっかり読んでいたという「変わった子」だったのだが、特に頭は良くはない。頭は良くないが、大人になっていろいろ考えてみるに「テレビ ”しか” 見ないというのは実際よろしくはないだろうなあ」とは思う。


だってやっぱり(映画も同じだけれど)テレビは「つけているだけで情報が向こうから勝手にやってくる」から、すごく楽に情報を得ることが出来る。

さらにテレビは映像という性質上、本と比べて視覚的な情報量がけた違いにあるからひどく分かりやすい。そのうえテレビは大勢が見てくれるようにより分かりやすく面白く、視聴者が見たいであろうものを、手を変え品を変えしてひたすら視聴者に寄り添ってくれる。そして大量にくり返し垂れ流す。

そして人々はテレビの前に座ってさえいれば、さも自分が賢くなったかのような、楽しかったような気分に浸れる仕組みだ。

f:id:msan1971:20191219221338j:plain



だけど本は「ぽろん」と置いてあるだけであれば、そんなものはただの紙のかたまりだし、文字もただ白い紙に黒い線がうねうねとのたくっているだけだ。それを眺めていたって本は何もしてくれないという、ひどくそっけない代物だ。

本を読むということは、強い意志を持って取り組み、内容を理解しようと自分から意識的に働きかけなければ内容を理解することはできない。しかもがんばって働きかけても全く理解できないことが ”ままある” という厳しいものだ。


私も読み始めたら難しすぎて「全然わかんないよー」となることも多いけど。でも気にしないで「読む本まちがえた」と思って閉じる。(*´з`)チガウノヨメバイインダヨ

そんな私だけど、「なんか知んないけどTVでやってるから見る」とか「繰り返しやっているから重要なんだろう、流行っているんだろう」ではなく、もっと主体的に「自分には知りたいことがあるから、自分で探してそれを取りに行きたい」と思う。それがマニアックな結果にしかならなくても、全然かまわない。

アメリカ映画によくでてくる、ずーーーーーっとテレビの前の一人がけのソファとかカウチに座って、ポップコーンかなんか食べながら、チカチカと光るブラウン管を眺めている人々って、ほとんどがダメな人だもの。ああいう風にはなりたくない。

この映画のリンダみたいには、なりたくない。自分で選んで、取りに行きたい。


モンターグもそう思ったかは知らないけど、モンターグは「何かを」取りに行き始める。それは表面的には「本」なのだが、モンターグが本当に欲しいものは「本」に代表される何かだろう。

「君は壁の ”家族” と人生を過ごせばいいさ。僕の家族は本だ。本の背後には人間がいる。それに惹かれるんだ」 モンターグの台詞


モンターグは虚ろだった自分と決別する為に、虚ろな妻と決別する。

f:id:msan1971:20191219221540j:plain



モンターグが初めて読む本は、チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・カッパーフィールド』。

そして焚書の憂き目にあう本たちは数えきれないほどあるのだが、日本語字幕が出ないものもあって、そのなかで語学力のない私がかろうじて読み取れたのが、マーク・トウェイン『トム・ソーヤーの冒険』、『フランツ・カフカ』、J.D.サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』、レイモン・クノー『地下鉄のザジ』とかがあった。


そして『カイエ・デュ・シネマ』も焼かれていた。表紙はジャン=リュック・ゴダールの『勝手にしやがれ』のジーン・セバーグ。ああ。

f:id:msan1971:20191219223154j:plain



老女の蔵書を燃やす前にモンターグが上司の説教を聞きながら、こっそり鞄に盗む本の題名は『カスパー・ハウザー』だった。カスパー・ハウザーと言えばヴェルナー・ヘルツオーク監督の『カスパー・ハウザーの謎(1974)』というドイツ映画があって、これは私のお気に入りの映画でもあるから、今度久しぶりに見て記事にしてみよう。

実在の人物を取り上げた映画で、すごく謎の多い境遇に生まれついた男の話。映画も面白いけど、カスパー・ハウザーを取り巻く出来事自体がすごく面白い。

かいつまんで言えば、ある日突然ある村に男が現れて、「カスパー・ハウザー」という署名が入った手紙を持って立っている。男はただ立っているだけで自分では歩けない。どうやら歩いたことがないらしいのだが、それだけでなく会話もできないし、食事も手づかみだし、およそ人間らしい行動が全くできない。それで仕方ないので持っていた手紙に書いてあった名前で呼ぶことにして、村で保護して教育すると、徐々に会話ができるようになる。どうやら男は生まれた時からずっと小さな牢にいて、寝ている間に食事が置かれ、散髪され、一度も人間を
見たことがなかったらしい。男は誰で、何のためにそんな環境に置かれていたのか皆目見当がつかない、という話。

面白いでしょう。今度記事にしようっと。

f:id:msan1971:20191219222122j:plain



そしてモンターグが最後たどり着く「本の人たちが住むところ」で人々が暗唱しているのが、『スタンダールの日記』『プラトンの共和国』『嵐が丘』、バイロン『海賊』、『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』、J.バニヤン『天路歴程』、ベケット『ゴトーを待ちながら』、サルトル『ユダヤ人』、レイ・ブラッドベリ『火星年代記』、ディケンズ『ピックウィック・クラブ遺文録』、マキャベリ『君主論』、オースチン『高慢と偏見』。

そしてモンターグは、愛読書だったらしいエドガー・アラン・ポーの『怪奇と幻想の物語』を選ぶ。


私なら何を選ぶだろう。・・・ぱっと「これ!」というものは浮かばない。日本の作品がいいとは思うけど・・・

ありますか? すぐに頭に浮かぶ一冊が。


f:id:msan1971:20191219223214j:plain

あ、そっちとくっついちゃうの。