エムログ

古い映画を中心に、本、仕事・・・etc. 驚くほど忘れてしまうので備忘録として。

【映画】「大空港 (1970)」~忘れられがちだけど傑作~ パニック映画のはしり

f:id:msan1971:20190226225550j:plain


題名 大空港
監督 ジョージ・シートン
原作 アーサー・ヘイリー(「大空港」)
出演 バート・ランカスター、ディーン・マーティン、ジーン・セバーグ、ジャクリーン・ビセット、ジョージ・ケネディ、ヘレン・ヘイズ 
上映時間 131分
制作年 1970年
制作国 アメリカ
ジャンル パニック、70's、アカデミー賞


久しぶりに観たけど、やっぱり面白い。「ポセイドン・アドベンチャー(1972)」「タワーリング・インフェルノ(1974)」へと続く70年代パニック映画ブームのはしりの作品だけど、災害や大事件、未曽有の大惨事などに巻き込まれて大騒ぎしてドカーン、ワー!キャー!阿鼻叫喚! CG、特撮、てんこ盛り! みたいな、大惨事そのものにスポットをあてているようなアトラクション・ムービーではなくて、その大惨事を最小限の被害で納めようとする人間たちの奮闘とその人間模様を描くドラマになっている所が大変好ましい。パニック映画とはいえ、映画のほとんどの時間をドラマ部分に費やしている。アカデミー賞にたくさんノミネートされているけど、こういうちゃんとした群像劇を、軽めにコーティングして見やすくしました、みたいな作品が評価されるのは嬉しい。

映画の舞台は題名通り「空港」。リンカーン空港では大雪の為、飛行機の離着陸ができず、乗客や職員のストレスが高まっていた。その上、騒音反対デモは起こるし、密航者は出るし、密輸しようとする客もいるし、職員のプライベートの問題まで抱えて空港はてんてこ舞い。おまけに大雪の中離陸した飛行機には、爆弾を抱えた乗客が乗っていた。
 
70年代のパニック映画らしく、大スターがたくさん出ている。バート・ランカスター、ディーン・マーチン、ジョージ・ケネディ、ジャクリーン・ビセット、ジーン・セバーグという面々。
 
 
バート・ランカスターの役どころはリンカーン空港の「空港長」。仕事人間で、昼夜を問わず仕事に打ち込んでいる。妻と子供がいるが、妻は家庭を顧みない彼のことが気に入らず、父親が経営する会社に口をきいて、もっと楽な仕事に転職させようとしているが、彼は請け合わない。妻との関係は冷え切っているが、同じ空港で働くスタッフに愛人がちゃんといる(ジーン・セバーグ)。

ライオンというより獅子の風格。私はタフガイ好きではないけど、バート・ランカスターはちょっと好きな気がする(曖昧だなー)。痩せていてスマートなのもいいかもしれないけど、「がっしりとした」というか「肉体を持っている」というか「骨格がしっかりしている」というか、見栄えという点では分があるなあ。貧相にならないし、押し出しが強くて、やっぱり恰好いいと思う。日本で言うと丹波哲郎的な感じかな。

また、いかにも「頑張って笑っています」みたいな笑顔。バート・ランカスターらしい。すごくしっかり口角を広げて上げて「ニカッ」って笑うんだよね。わざとらしいともいえるけど、頑張ってる感じ、好きかも(やっぱり曖昧)。
 
奥さんは良いとこの娘でプライドも高そうだし、しかもいつもガミガミ言っていて、「これじゃあ、気が休まらない。旦那も逃げたくなるよ」って思うような、一見すると嫌な女の役なんだけど、でもランカスターに離婚を切り出すシーンでは「分かれても娘にはいつでも会えるわ。その方が今よりも会うようになるかもね」って言って笑顔も見せて、こんな離婚話の最中でも、かかってきた電話に出ずにはいられない彼の後姿を見つめる目はさみしそうで、「ああ、昔は愛していたんだろうな。だけどボタンが掛け違っちゃったんだろうなあ。相性のいい男と出会えれば、いい妻になるんだろうなあ」と思わせる、悲しい表情をしてた。この旦那のような男は、愛人役のジーン・セバーグのように、同じ仕事で目的や価値観が共有出来て、いつも一緒にいられる女性の方が合っているもんね。


続いては、機長役のディーン・マーチン。なんか・・・優秀なパイロットなんだろうけど「頭の中は女の事だけ」みたいな、人生ずっとプレイボーイでやってきて、初老なのにまだやっていて・・・って、ちょっと間抜けに見える。私にとってはディーン・マーチンって歌手としての印象の方が強くて、俳優としては他の映画を見たことが無いから、この人の素なのか演技力なのか分からない。たぶん、地でいける役なんだろうと予想(よく知らない)。ちょっとジローラモぽいしね(同じイタリア系なだけか)。

この役では、人生ずっと大人になり切れずにプレイボーイでやってきたけど、今回の一連の出来事で「急に責任感に目覚める」というイノセントぶりを発揮してすごくおばかちゃんぽい。周りの大人の男たちの方が、ずっと魅力的という結末に。奥さん可哀想だよ、ほんとに。
 

そして、ベテラン整備士役のジョージ・ケネディ(「暴力脱獄」)。私はこのジョージ・ケネディって好きだなー。断然、魅力的。粗野だけど頼りがいがある感じで、男前じゃないけど格好いい。いい俳優だなあ。

今回は、タフでパワフル、腕っ節の強そうな「俺に任せとけ」的なガテン系の役。本気を出せば自力でジャンボ・ジェットも動かせそう。葉巻をずっとくわえていて、最後の見せ場では、力が入るあまり葉巻を一本ぐちゃぐちゃにしちゃったりして。出番も多くはないし、奥さんとの絡みなんてほんのちょっとだけど、古女房をめちゃくちゃ大事にしている感じがすごくいい。こんな男が本当の「良い男」なんだと思ってる。こういう旦那だったら安心だろうなあ。 
 

女性陣。わたし、ジャクリーン・ビセットが好きで、世界一美しい女性のひとりだと思ってる(世界一って言っても何人かはいるのね)。本当に美しいと思っていて、映画も結構見てるんだけど、ほとんどが「くっそつまらない映画」なのねー(笑)。「選んでる?」って聞いてみたいくらい(笑)。だからこの映画は、ジャクリーン・ビセット映画としては、ちゃんと面白いという、珍しくてありがたい映画です。後半は寝てるだけだけど(寝てるわけじゃないんだけど)、きちんと見せ場もあって、美しいだけじゃなく賢さも漂わせることが出来ていて○。
 

そして、密航を繰り返す婆さん、ヘレン・ヘイズ。齢70にして(といっても今と比べればすごく婆さん。80歳くらいには見える)、悪びれもなく無賃搭乗を繰り返すという、かなりの強者。まるで反省の色が無い。

前に観た時は、「なんて憎めなくてチャーミングな婆さんだろう。こんな婆さんになってみたいものだ」と思ったけど、今回は憎めた(笑)。くったくなさすぎだし、かわい子ぶってるし、世間をナメてる。自分が婆さんであることに胡坐かいてるよー。今回は憎たらしく見えたよ。この作品でアカデミー助演女優賞を取ってる。
 

そしてゲレロ夫妻。職が長続きしないダメな男ゲレロと、そんな夫を励ますゲレロ夫人。これが愛情深い、いい女なんだなあー。慈悲深くて、ダメな男を捨てられない。うーん、なりたくはないけども。ゲレロ、他の方法はなかったのかね。ダメな方ダメな方を選んじゃう人って、いるんだよねえ。バカなゲレロ。ゲレロ夫人の最後のシーンなんて、ほんと胸に迫ってくる。
 

ところで、今まで何回か観たけど、バート・ランカスターの愛人役・・・ではないか、有能な空港職員で愛人役が、ジーン・セバーグ(「勝手にしやがれ」)だったとは気が付かなかった。いやー、あ、そう、と思った(なにが「あ、そう」なんだ)。あー、へー、結構女優してたんだな、と。なんとなく、デビュー作が鮮烈!でもあとは続かず! ってタイプかと勝手に思ってたもんで。えらく地味な感じで、いい役柄だったと思いました。 



映画全体で言えば、デモから乗客の生意気なガキまで、チラッとしか描かれないちょっとしたシーンが、丁寧にあとからあとから効いてくる。ちょこちょこと伏線になって映画を盛り上げ、説得力を持たせていていいです。

そして何といっても、困難な状況下で、プロフェッショナルな人たちが、みなそれぞれの持ち場で全力をつくしている姿というのは見ていてとても気持ちがいい。有能であるっていうのは、清々しいものだなあ。こんな仕事をしてみたかったなあ(私なりの)。


しかし・・・ディーン・マーチン(当時52くらい)とジャクリーン・ビセット(当時25くらい)のカップルって・・・。昔のハリウッド映画の黄金のパターン、熟年男に若い女の組み合わせ・・・男のファンタジーですな。やはり私は古女房らしき女性を愛している役柄のジョージ・ケネディが好きだな(役だけど)。