エムログ

古い映画感想ブログです。驚くほど忘れてしまうので備忘録として。

【映画】「白い恐怖 (1945)」~グレゴリー・ペックの美しさ~

f:id:msan1971:20190309235957j:plain

 

題名 白い恐怖
監督 アルフレッド・ヒッチコック
制作 デヴィッド・O・セルズニック 
出演 イングリット・バーグマン、グレゴリー・ペック、レオ・G・キャロル、ジョン・エメリー
上映時間 111分
制作年 1945年
制作国 アメリカ
ジャンル サイコスリラー、ラブロマンス、40's、モノクロ


ヒッチコック見つけた? 私は見つけた。今回はすごく分かりやすかった。

ヒッチコックのアメリカ進出後、第10作目。イングリッド・バーグマン、グレゴリー・ペック主演。前半はラブロマンス、後半に行くにしたがってだんだんサイコスリラーになっていく。
 
物語は、バーグマン演ずる恋愛が理解できない堅物精神分析医コンスタンスが、ペック演ずる新任の若き院長エドワーズ博士に一目惚れするが、彼は記憶喪失であり、しかも本物のエドワーズ博士を殺害して彼に成りすましているふしがある。周りは彼を疑うが、彼を愛してしまったコンスタンスは彼を信じ、精神分析を使って彼の無実を証明しようとする。

コンスタンスは美人だから男にモテモテだけど、本人はやたらと堅物というか理屈っぽくて、恋とか愛とかを全く信じていない。精神分析医だから余計に「愛」とか「恋」とかを冷静に分析しちゃって、理屈で片付けようとする。
 
すげえ分かる(笑)私もちょとそういうとこある (美人ではないが) 。「恋ってそんなに石ころみたいに落ちてた? あれって一生に一度経験出来るかどうかも稀というレアケースなんじゃないの? 」って、思ってるし。
 
そんな彼女が (って私じゃあないよ) 若きエドワーズ博士と出会って一瞬で恋に落ちる。しかもすごく積極的で展開早っ。ええー堅物だったんじゃないのおお。着任早々恋に落ちて、早速ピクニックに行き、その晩には自ら夜這い・・・ではないけど、夜中に彼の部屋を訪ねて行って、ちょいためらいながらも上がり込み、恋心を告白し、キスまで済ませるという突然の肉食系女子化。 美人は攻めるなあ。自分が男性から見て魅力的なのを知っていて、絶対に断られない自信がないと出来ないよ。相手も超イケメンなんですよ。私なんて・・・とかいうためらいは、微塵もない。
 
まあ・・・愛とか恋とかいう心理現象を認めない理性的すぎる女が、初めて男性を魅力的だ思ってしまい、「これは恋なのかしら。そんなはずないわ」「やっぱり好きかも。ああ、今までの私のアイデンティティがあああ」とかって迷いながら、自分の中に芽生えた愛とか恋とかを徐々に受け入れていく葛藤の心理ドラマ・・・とかでは全くなく、サイコスリラーですからね、そういうふうにはならない訳です。別にならなくていいし(メンドクサイから)。
 
それにしても「あなたが好きよ」みたいな顔を、人前で、お仕事とはいえ他人に見せるためにしなくちゃいけないなんて、俳優って大変。きゃー、ぱずかしい。やっぱり並じゃないわ。

******************************************************
 
ところでこのバーグマン&ペックという大スターの映画を今までどのくらい見たのかな?と思って色々思い出してみたが、ほとんど見ていないのだった。有名すぎる、のかなあ。有名だと雑誌とかでめちゃくちゃ見ちゃって、すっかり見た気分になったりするんだよねえ。
 
まずはイングリッド・バーグマン。 バーグマンって私の勝手なイメージだと、吉永小百合系の「やたらと認められている大根役者」なんだけど、あの顔は恋には落ちてるね。だって見ていて恥ずかしいもん。だから見るべき作品を見れば、バーグマンも世間の評判通り名女優なのかもしれない。
誰だったか作家が、ヒッチコックの好みの女性のタイプを「学校の先生みたいな、セックスの匂いのしない、端正で聡明な美人」と評していたがまさにその通り、ど真ん中のタイプ。なんていうか、 隙が無くて、ちゃんとしすぎてて、エロさがないんだよね。この映画の頃はたぶん30才手前くらいでスターとしても全盛期、実際たいへん美しい。美しいけれども面白味がないのだった。
 
グレゴリー・ペックも同様、こちらもやはり30才手前で(バーグマンより1つ年下)、映画が始まった最初の方は「美しい男だなあ、もっと若いペックも見て見たい」と思わせるのだが、やはり優等生的すぎてイマイチ面白味がないのでした。美しすぎて個性がないのだよ、個性が。まあ「美と個性」というものは水と油の関係なので、なかなか両立は難しいものなのだが。とはいえ「美」というものは鑑賞には値するので、 もうちょい若い、25歳くらいを見てみたいなあと思った。ちなみにペックはこれが俳優デビュー2作目とかで、残念だけどこれより若いペックは拝めそうにない。

****************************************************

映画そのものは、ヒッチコックの映画にありがちなユーモアはなく、ハラハラドキドキという程でもなくて、ヒッチコック映画としてはイマイチな出来なんじゃないかなあ。なんか二人がほとんど出ずっぱりで、イチャイチャしているところをずーっと見せつけられているだけのような気がしなくもない。それに私は精神分析とか心理学を「胡散臭い」って思っているし。
序盤の二人がキスする場面のドアが次々開いていく演出なんて、「なんて陳腐な演出だろう」って思って、こっぱずかしかったし、ペックが投獄されてからの、真実を訴えるバーグマンの演出とかもさすがに古い。「おや。裁かるるジャンヌかな」って思った(1928年の映画)。


ところで序盤、コンスタンスが夜中に図書室に行ったあと、彼の部屋に返事もないのに勝手に入り込み、彼の本をダシにキスをゲット、そして彼には平行線恐怖症とも言うべき症状があることを知るまでの、一連のくだりについてちょっと思うことがある。

このシーンは、普通に考えれば、「コンスタンスは彼に恋していて、彼の事を想うと夜も眠れない。彼が書いた本を見たくて図書室にいくが、彼の部屋から漏れている明かりを見ただけでも彼のことを意識してしまう。図書室で彼の本を手にして中を見ると、サインの筆跡が全く違っていることに気づく。自室に戻る途中、彼の部屋を訪ねようとするが勇気が出ず、一旦は立ち去ろうとするが思い直して部屋に入る」という恋する乙女心的なシーンなんだろうと思う。ついている劇伴って、そういう音楽だよね。

最初は「なんか伴奏音楽が邪魔すぎるなあ」と思った。「音楽がドキドキさせようとしているだけで、バーグマンの演技力が全然分からないなあ」と思って、音を消してリピートして見てみた。でもやっぱりバーグマンの演技からは、恋するドキドキは全然伝わってこない。

っていうかむしろ、コンスタンスは最初っから彼が本物のエドワーズ博士ではないと疑っていて、サインの筆跡が違うことを確認しに図書室に探偵行為をしに行くという演技をしているように見える。コンスタンスはもともと彼の本は読んでいるわけだから、そこにサインが載っていることを知っていただろう。で、今回彼のサインを見て、「そういえば本にサインがあったわ」と思って出かけていくが、途中で彼の部屋から明かりが漏れているのを見て「起きてるんだわ。そっと行かなきゃ」って、そういう顔に見える。

すると、劇伴がある時は、「図書室に入って真っ直ぐ彼の本に直行し、真っ先に彼のサインのあるページを開いて筆跡を確認する。筆跡のアップ!あ!さっきと違う!」的な演出が、あまりにもテンポが良すぎてわざとらしさを感じさせたけど、もともと筆跡確認に行ったとすれば、速攻確認するのはむしろ当然の行為だ。

おや。このラインだとバーグマンの演技がしっくりくる。でもそのすぐあとで部屋に入ってからは、お互いが口説き合うという完全なラブシーンになるから、私の感想は邪推ってやつだ。この一連のシーンは紛れもなくラブロマンスで、サスペンス・シーンではない。ちぇ。つまんないの。でもほんとそういう風に見えるのよ。
 
 
あと、あと、結末で、コンスタンスを撃とうとして狙いを定めていた拳銃を、そのまま180度回転させて自分に向けて打つ演出があるけど(画面は手と拳銃のアップ)、手首はああいう風には曲がらなくない? 不自然さを感じた。すごくびっくりした。