エムログ

古い映画感想ブログです。驚くほど忘れてしまうので備忘録として。

【映画】「泣きぬれた天使(1942)」~ジュヌヴィエーブにも光はさすかな?~

f:id:msan1971:20190328230506j:plain


題名 泣きぬれた天使
監督 アンドレ・ベルトミュー
出演 ジャン=ルイ・バロー、ミシェール・アルファ、アンリ・ヴィダル
上映時間 87分
制作年 1942年
制作国 フランス
ジャンル メロドラマ、40's
 
「耐えるのよ じっと耐えるの 世界が暗闇でも あなたの世界はきっと明るくなるわ 心の奥で夜が明け 光がさす あなたの光は 誰の光よりも まばゆく輝く 必ず光が見えるわ 私たちに必要なのは 光と喜びよ 暗闇は消えるわ」 
 映画「泣きぬれた天使」より 

 

f:id:msan1971:20190328230525j:plain

 

うーん。モラルに囚われた、可哀想な女の子の話なのかな? 
やっぱりメロドラマは性にあわないなあ。

若く貧しく孤独な娘ジュヌヴィエーブは、逞しい青年ボブと恋に落ちるが、戦争が始まりボブは戦場へ行ってしまう。やがて戦争も終わり男たちが戦場から戻ってくるがボブは戻ってこず、手紙一つこない。学生仲間のひとり、彫刻家でリーダー格の男ジャックが戦場から戻ってくるが、ジャックは怪我で盲目となっていた。

ヤケになるジャックを励ましているうちに、二人はお互い支え合うようになる。彼女の献身に支えられ、創作への意欲を取り戻したジャックは、心優しいジュヌヴィエーブを愛し依存するようになる。しかし心の中ではボブを忘れたわけではないジュヌヴィエーブ。下宿屋の主人にその迷いを打ち明ける。「ジャックといると心が落ち着くわ。でもボブに見つめられると胸がときめくの」。主人は「ジャックとの関係が本当の愛だ」と諭す。

「盲目の彫刻家」としてデビューを果たしたジャックはジュヌヴィエーブに結婚を申し込む。ジャックにとってジュヌヴィエーブの存在はなくてはならないものとなっている。そんななかボブが戦争から帰ってくる。彼は戦争捕虜となり、手紙をかけなかったのだ。ジュヌヴィエーブを忘れたことはなかったと迫るボブ。揺れるジュヌヴィエーブ。最後は盲目の彫刻家ジャックを選択するジュヌヴィエーブであった。

f:id:msan1971:20190328230542j:plain

f:id:msan1971:20190328230558j:plain


・・・うーん。ここはボブでしょ。どう見てもジュヌヴィエーブはジャックに恋してないもん。ただ「役にたっているだけ」だもん。それはそれで存在意義があるかもしれないけど愛じゃないよー。ここは衝動的にボブと寄りを戻してジャックを捨てて欲しかった! 見た目もボブの方が逞しくて頼りがいがあるし。不幸好きな女なのか? 

・・・まあ、全編を通じて、ジュヌヴィエーブはすごく真っ当。真っ当すぎて、選択を誤った感じか。不幸な方がやり甲斐があるような気がしてしまうというのは分からなくないし。

でもそれは間違っているんだと思う。幸せになって、そしてやり甲斐を感じるのが正解なんだと思う(私は程遠いけど)。

ジャックなあ。最初、元カノが忘れられないジャックは、「優しく礼儀のある女性がいい! 若くて無垢で・・・シモーヌ(元カノ)は理想の女だった 気品高く、そして・・・」とか言っちゃって、混乱しすぎ。あなたの元カノ、全然そういうタイプじゃないですよね。すごく高慢ちき。あなたが言っている「優しく礼儀ある」はジュヌヴィエーブの方でしょ。私、ジャック無理だなあ。

しかし下宿のオヤジ、ほんとろくなこと言わない。良いこと言ってる風になってるけど、「盲目になって暗闇のジャック」と「恋人を失ったと思って暗闇にいるジュヌヴィエーブ」の暗闇コンビがくっついたって、幸せになれるわけなんか、ない。ジュヌヴィエーブはちゃんと分かってたのになあ。つまらんことを言いよってからに。

だいぶ納得できない私なのだった。