エムログ

名作から駄作まで、見た映画の感想を正直に片っ端から記事にする、古い映画感想ブログです。驚くほど忘れてしまうので備忘録として。

【映画】「郵便配達は二度ベルを鳴らす(1942)」 ヴィスコンティ監督の決意表明と、コーラはこの女優じゃないと思う件

f:id:msan1971:20210201223441j:plain



題名 郵便配達は二度ベルを鳴らす
監督 ルキノ・ヴィスコンティ
脚本 ルキノ・ヴィスコンティほか
原作 ジェームズ・M・ケイン『郵便配達は二度ベルを鳴らす』1934年
出演 マッシモ・ジロッティ、クララ・カラマイ、ファン・デ・ランダ
音楽 ジュゼッペ・ロゼーティ
上映時間 135分
制作年 1942年
制作国 イタリア
ジャンル 犯罪、ドラマ、モノクロ



映画の原題は『Ossessione(邦題:妄執)』。映画の内容から言って、原作はまぎれもなくジェームズ・M・ケインの『郵便配達は二度ベルを鳴らす』なのだが、どうやらケインの許可を取らずに映画化したらしく、さすがに原題を出すわけにはいかなかったようでこの題名になったんだとか。で、公開した途端にどこかから怒られて数日で公開中止になり、ほとんどオクラになってしまった。

アメリカで公開されたのはなんとヴィスコンティの死後である1976年だし、日本でも1979年にようやく公開が叶うので、ずっと「ヴィスコンティ幻のデビュー作」として扱われていた様子。ちなみに日本では原作の方の『郵便配達は二度ベルを鳴らす』のタイトルで公開されている。

ルキノ・ヴィスコンティといえばこの後、超有名監督になっていくわけだけど、デビュー作でケチがついた形。

どうしちゃったのかしら。1942年といえば、イタリアはまだイタリア王国の時代。しかも第二次世界大戦中でしょう。イタリアはドイツや我が大日本帝国と一緒になって、枢軸国として米英などと猛烈に無理して闘っている真っ最中。

混乱に乗じてバレないと思ったのかしら。

それにしてもファシズム国家であるイタリアで、敵国であるアメリカの小説を映画化しようというだけでも日本ではありえない結構アナーキーな話。内容も「人妻と流れ者の不倫、その末の殺人」ということで、戦時下においては異色な感じがする(日本じゃ無理そう)。


f:id:msan1971:20210201223740j:plain



****** あらすじ ******
イタリアの片田舎で安食堂を経営するブラガーナとその妻ジョヴァンナの元へ、流れ者の男ジーノが現れる。ジーノとジョヴァンナはあっという間に惹かれあう。すぐに肉体関係を持った二人はさっそく駆け落ちを図るが、ジョヴァンナは気が変わり夫の元へ戻ってしまう。

一文無しのジーノは偶然出会った風来坊スパニョールと行動を共にしながら糊口をしのいでいたが、程なくブラガーナとジョヴァンナに再会し、寄りが戻る。二人は車の事故に見せかけてブラガーナを殺害するが、遠くへ行きたがるジーノに対して、ジョヴァンナは食堂経営を続けたがる。ブラガーナ殺しの罪悪感から街のみんなが真相を知っているような気がするジーノは酒に溺れていき、逆にジョヴァンナは店の経営に没頭して店は軌道に乗り始め、二人の気持ちがすれ違い始める。

ブラガーナに5万フランの生命保険がかかっていたことを知ったジーノは、最初からジョヴァンナは金目当てであり、自分は利用されていただけなのではないかと思い始める。自棄になったジーノは町でひっかけたダンサー兼娼婦のアニータの家に転がり込んでいたが、警察が自分を追っているのではないかと疑い始める。

実際、警察が二人を追い始めていた。結局ジーノはジョヴァンナからは離れきれず、しかもジョヴァンナが自分の子供を宿っていると知り、二人は車で逃亡を図る。ようやく同じ未来を語り始めた二人だったが、トラックと接触事故を起こしてジョヴァンナは死んでしまう。ジョヴァンナの遺体にすがるジーノは、追ってきた警察に連行されていく
******************

f:id:msan1971:20210201223822j:plain




映画は原作と比べれば多少の違いはあるが、まぎれもなく『郵便配達は二度ベルを鳴らす』の映画化だった。

原作と比べると結構端折ってるなという印象で、まず失敗に終わった一度目の旦那殺しがすっぽり抜けている。そして主人公二人の味方になる敏腕弁護士カッツが出てこない。だから二人の弱みを握ったカッツの部下ケネディ(だったかな?)も出てこない。


逆に原作にはいない、登場した瞬間に「おや? こいつゲイなのでは」と分かる男、スパニョールが出てくる。

ジョヴァンナと別れて一人になったあと、列車にタダ乗りしているのがバレて、乗車券を買う金が無くて困っているジーノに対して、スパニョールは「俺が払う」と言って乗車券を買ってあげる。

このスパニョールがすごくイイ奴で、その後もジーノのお金を全部払ってくれる。まるで、いつかモノにしようと思ってる女に気前よく金を使う男のように。ジーノには愛する女がいるらしいと分かっても「まあよくあることさ、そのうち気も変わるだろ」って感じであまり気にせずジーノに親切だし、ほとんど生活の面倒を見てくれてるっていう感じ。

そして偶然ジョヴァンナと再会したジーノが、「ちょっと知り合いに会ったから行ってくる」と言って仕事を抜けようとするその様子で「察し!」となったスパニョールは、愛する女の前で一文無しじゃ格好がつかないだろうと思ったのか、「これ持ってけ」って言って、売り上げからお金を渡すんだよね・・・なんていいヤツなんだろうって思ったね。

最後ふたりは喧嘩してしまうけど、それもジーノのことを思えばこそっていう感じだし、そのスパニョールの熱さと片思いのせつなさも相まって、「すごくいいヤツだったなあ」という印象を残すヤツなのだった。


f:id:msan1971:20210201223935j:plain



・・・とはいえ正直言って、スパニョールって必要?とも思ったよね。 この役、必要かなあ。

別に殺人に絡んでくるわけでもないし、逃亡を手助けするわけでもなければ、ジーノが相談するっていう感じでもなくて、ぜんぜん重要でもなんでもない存在で、ただただジーノと一緒にいるだけ。この役、原作にはないのだし、ストーリー上は別にいらなかったのではないかと思われる。でもだからこそ、

「でも出す! どうしてもジーノに恋する男を出したいんだ!! バイセクシャルは普通なんだ!!!」

そういう、ヴィスコンティ監督の叫びみたいな、決意表明みたいな、「物語と関係あるとかないとか必然性とかそういうことではなくて、そういう性的嗜好の持ち主がいるのは普通なんだから、ストーリーに関係なくても普通に出すもんね!」という、ヴィスコンティの強い意思を感じたね(ヴィスコンティはバイセクシャルで有名)。

デビュー作から気合はいってんな、と。

f:id:msan1971:20210201224015j:plain

自信満々



次にジョヴァンナ役のキャスティングについて。

ジョヴァンナは原作で言うところのコーラなのだが、コーラってこんな見た目かなあ。

私は原作のコーラが好きなんだけど(フランクも好きなんだけど)、コーラって女は「美人で、男好きするエロスを持った女」なのですよ。もっと下品な言い方をすれば、いわゆる「ふるいつきたくなるようないい女」なのね。

でも、このジョヴァンナは、なんか・・・中年っぽいし、学校の先生みたいな、化粧っ気も感じられない、地味なつまんない女に見えたのだけど・・・違うかなあ。男の人生を狂わすような、不幸になると分かっていても関わらざるを得ないような、男ならつい手を出してしまいたくなるような、一緒にどこまでも落ちて行ってもいいやと思えるような、そんな魅力的な女には見えなかったがなあ。

ジーノは盛んに「俺にはあの女しかいない」とか「一秒たりともお前を忘れたことはなかった」とか言ってこのジョヴァンナにご執心なのだが、私にはまったくジーノの気持ちが分からなかった。それもジョヴァンナよりも、ジーノの方が相手に惚れてる感じなんだよね・・・「なんで?」とか「この女に?」とか思っちゃった。

私は女だから、このジョヴァンナ役の女優さんの魅力が分かんないのかなあ。


いや、むしろ私は「ヴィスコンティは女の趣味が悪いのでは?」と思ったね。女に興味ないから、女の魅力が分からないのではないかと(←負けず嫌いか!)。

もっと普通に分かりやすい「エロい女」「ハクい女」とかで良かったんじゃないかと思うんだけど・・・

男性陣、どうですか?(コメント欄は閉じているけども)。


f:id:msan1971:20210201224221j:plain

やるしかないと覚悟を決めました



だけど、マッシモ・ジロッティが演じたジーノ役は良かった。

ハンサムだったし、原作のフランクの持つ労働者階級の風情とか、その中でも季節労働者のようにあっちこっちを放浪して、金がなくなれば農場で働いたり、また金がなくなれば自動車修理工として働いたりしながら、根無し草のように点々としている感じというのがよく出ていた。

背中にめちゃくちゃ毛が生えてるんだよね・・・ふわふわっとした、柔らかそうな毛が。ガイジン!って思っちゃったw  典型的な地中海系な感じがする。


男性の魅力の一つに、肉体労働者の持つ魅力、格好よさ、色気みたいなものは確かにあって(土方の方とか)、それはたぶん、見せかけの筋肉ではなく、仕事でついた筋肉、生きていたらついちゃった筋肉、そういうのが ”逞しさ” を連想させるんだろうと思う。

逞しいってそういうことだと思う。生活力のあるもの。実用的なことだと思う(ボディビルダーみたいな筋肉に、色気や逞しさは感じない。筋肉だなって思うだけ)。

このジーノには、そういう肉体労働者の持つ色気が感じられた。


私は土方系(ガテン系)の肉体労働者の男性は結構好きなので、スパニョールがジーノに惹かれるのも分かる気がする。スパニョールって、典型的な痩せ形の白人の肉体だったもん。ジュード・ロウみたいな感じ。

こういう華奢で小柄で痩せ形の男が、ジーノのような逞しい男に惹かれる構図はすごく納得だった。ヴィスコンティの好みもジーノみたいな男なのかしら(違う気がするが)。


f:id:msan1971:20210201224320j:plain




映画を見終わってみれば、ジョヴァンナがあんまりいい女じゃなかったせいもあって、彼女に執着するジーノの気持ちが私にはさっぱり分からないから、ジーノがジョヴァンナに「お前しかいない」みたいなことを盛んに言っているのを、「なんで?」「なんでなの?」と思っていたら映画が終わってしまった。

「この女のどこがいいのかなあー!」が映画の感想、というのはいかがなものかとは思う。


でも、「ゲイのスパニョール役いらないんじゃね」なんて言っておきながら、こうして後から登場人物たちのことを思い出すと、結局スパニョールのことが一番に思い出されて、なんだかせつない気持ちになって、どんどん愛着が湧いてくるのだった。

思い起こせば、ジーノを追う刑事もまつ毛の長そうな美男だったし、二人が旦那を殺した直後に食堂に現れる ”名もなき男” もまあ、美男だった。

そう思ってくると、ジーノがダンサーの女の子にアイスをおごってあげたあと、お礼を言って去っていく彼女を見送るジーノの向かいのベンチに座っていた爺さんが、ジーノが一人になった途端にジーノの隣に座ってきてジーノの煙草に火をつけてあげる、という何気ないシーンも、みんなゲイだったんじゃないかと思えてくる。

そのダンサー役の女の子がまた特にパッとした女の子でもないもんだから、もしやこれは、男が好きな男による、男が好きな男のための、男バンザイ映画だったのではないかしらと思えてきた。

女なんかどうでもよかった映画なのかもしれない。

そしてそれはそれで別にいいし、やっぱりとてもせつない気持ちがして、なんだかこの映画が好きだなあと思えてくるのでした。


f:id:msan1971:20210201224340j:plain





☟ DVDはこれ以外にも色々なところから出ているので、もっと安いのもあります。



☟ 原作も圧倒的おすすめ。



【関連記事】 「郵便配達は二度ベルを鳴らす」シリーズ

www.mlog1971.com