エムログ

好きな映画と、本と、あれこれ考えた事のための覚書ブログです

アフターコロナのために。ワクチンパスポート反対署名しました。

f:id:msan1971:20210830215152j:plain


 

signature-japan.jimdofree.com

 

 

mです。

先ほどワクチンパスポート反対の署名を済ませました。

私はワクチンに関しては「打つ、打たないは自分で決めていい」と思うので、打つも打たないも特に反対はしないですし、自分の考えや行動を周りに勧めて誘導したりはしないのですが、

ワクチンパスポートに関しては断固反対の立場です。


今回は、私がワクチンパスポートに断固反対する理由を書きたいな、と思っています。


 


大前提:対策してもしなくても感染症はいつか必ず収まる


感染症というのはいつか必ず収まるもので、どんなに恐ろしい感染症であっても、今まで人類を滅ぼしたことが一度もないわけです。一度もないから、いま私たちが生活できている。だから今回のコロナウィルスも、何もしなくてもいつかは必ず収まるわけです。

何かの対策をしても、何も対策しなくても、必ずパンデミックは終わります。


すると「お前は運命論者か!」「何もしないで死者が出るのを野放しにしろと言うのか」とおっしゃる方がいると思いますし、「人類が滅びるとかはどうでもいいんだ。俺の(私の)命が脅かされているのが一番問題なんだ」という話だということも分かっています。


もちろん人類は何もせずにただ指を咥えて眺めているわけがないので何かはするのですが、その ”何か” というのは、個人によって「どこまでやるか」「どこまでやることを受け入れられるか」という許容範囲が変わってくると思うのです。

「マスクすらいらない派」がいれば「基本的な感染対策(マスク手洗いうがい)で十分」という人もいますし、「外出自粛は当然」と考える人もいれば、「もっと強くロックダウンしろ」という方もいます。もしかすると「鎖国すべし」とか「感染者疑いは全員焼き殺せ」とか言う人もいるかもしれません。

もちろんそこにはワクチン接種も含まれます。ワクチン接種をする人としない人がいるのは、「緊急に作られ容認された(しかも人類初の技術で作られた)ワクチンを打つほど日本は危険な状態か」という判断が人それぞれなだけで、他のマスクや自粛などと同じで「自分がどこまで許容するか(できるか)という段階のひとつ」にすぎません。


これらはすべて程度問題で、「どこまでやるか」という判断の是非は今のところ誰にも分かりませんし、ましてや私などに判断できるわけもありません。


なので私はここではそういう、人それぞれで考え方が違うようなことを考えたいのではなくて、結局は何かをしてもしなくても必ずいつかは収まるという ”事実” を、まず前提としておきたいのです。

このまま、何かをしても、しなくても、どこまでやってもやらなくても、どっちみちいつかは収まって、あまり怖くないウイルスになります(怖くなくなった後も少しは死にますが)。

そのうち今みたいに全人類が怯えて暮らす日々は終わります。

恐怖が去った後に、もし私が生き残っていた場合、目の前に広がる世界や社会がどういう社会であってほしいかということを、今は一番考えなくてはいけないと思うのです。



コロナ終息後の未来を決めるのが、今わたしたちに課せられた責任だと思う


数年後とかにコロナが収束して、私たちが生き残っていると想像してみてください。

その時、あなたの目の前に広がる社会は、あなたが満足する社会ですか?

あなたを幸せにしてくれる社会ですか?

あなたとあなたの家族や好きな人たちが、幸せになれる社会ですか?



私はコロナが収まった後、まるで昔のアメリカの黒人差別の時代のように、「ワクチンを打った人と打っていない人の席が決まっている」とか「乗るバスや電車が決められている」ような社会を望みません。

私はワクチンを打った打たなかったというだけのことで弾劾され、差別され、分離されるような、アパルトヘイトのような社会を望みません。

どこへ行くにも許可証を提示して、しかもそれがデジタル化されていて、いつのまにか私の行動がどこかに報告されているような社会を望みません。

私が誰と会って、誰と飲み会したかで、私の思想や行動を判断されるような社会を望みません。

誰も信用できなくなって、みんながこれ以上孤独になっていく社会を望みません。


ワクパスだけでなく、私は子供たちが、常にマスクをした人たちの中で育ち、言葉を覚えることも表情を読み取ることもできず、基本的な免疫を積み重ねることもできないまま成長した場合の未来に不安を覚えるものです。


まるでこの世にはコロナしか死因がないかのように思い込み、コロナだけを過剰に恐れるあまり、緊急事態宣言と外出自粛などの不自然な行為を繰り返し、社会的・経済的弱者をどんどん生み出し、そしてその後「自業自得」とか言って切り捨てるような、そんな社会を望みません。

リスクはみんなで少しずつ分け合って、みんなで少しずつ引き受けなくてはいけません。


だから私たちは、今はどんなに迷走していても、必ず元の生活に戻さなければいけません。

コロナが収まった時、到底後戻りが出来ないほど遠くまで行ってしまっていてはいけません。

今、私たちは冷静さを失い、感情的なままで重要なことを決めようとしています。

できるだけ冷静さを保ち、遠くに行きすぎないように、ブレーキをかけながら、慎重に物事を決めなくてはいけません。

自分の意見と反対の意見にも耳を傾け、決して軽んじてはいけません。

自分との反対意見はすべて有効なブレーキなのだと思って、丁寧に検討しなくてはいけません。

 

 

今の私が、無理せず、出来ることからやる


私たちができるだけ遠くにいかないためにも、ワクチンパスポートには絶対に反対しなくてはいけないと思い、何か行動したいけどどうしたらいいかなあ、私にも何かできることはないかなあと探したところ、以下のサイトを見つけました。

私の話に共感するところが少しでもおありでしたら、ぜひ以下のサイトからデジタル署名をしていただけると幸いです。



☟こちらのリンクから飛んでください。

 ※ 8/31時点で5万2000人くらいです。

 ※ 9/10現在9万人を超えました。伸びています❗

 ※ 9/21 13万人を超えました! 

signature-japan.jimdofree.com

 

 

 【関連記事】

www.mlog1971.com

www.mlog1971.com

www.mlog1971.com