エムログ

好きな映画と、本と、あれこれ考えた事のための覚書ブログです

本-その他

【本】小林よしのり/井上正康著「コロナとワクチンの全貌」感想

この手の本はかなり読んだけど、茶番派の行き詰まりを感じた。勝手に茶番派にしてしまったが、これは悪口ではなく、私も茶番派なので、次の展開を考えるうえで問題点はきちんと自覚したいと思っての意見。

【本】 林眞須美はやってないな(和歌山カレー事件)『「毒婦」和歌山カレー事件 20年目の真実』感想

先月まで、あの有名な和歌山カレー事件の犯人と目される死刑囚、林眞須美に冤罪説があることを知らなかった。ネットの記事で、この本の冒頭にも書かれている「状況証拠のみで直接証拠なし、自白なし、動機も不明」でありながら有罪になっていたこと、旦那の…

【本】【絵本】レオ=レオニ「スイミー」 これは大人向けの絵本だと思う【解釈】

これは「みんな力を合わせようよ。力を合わせれば大きなことが出来るよ」というような ”善人ぶった牧歌的ないい話” ではなく、「勝ち組になるには」みたいな、集団の中で埋もれて行かないための自己啓発とか、人生観とか仕事観とか、そういう哲学や思想をも…

【本】ハインリッヒ・シュリーマン著「シュリーマン旅行記 清国・日本(1869)」シュリーマンのフラットな目線

トロイの遺跡を発掘したことで知られるシュリーマンが日本に来ていたことを今回初めて知って「あ、日本に来てましたか」と思い、10代の頃に「古代への情熱」を読んだことを思い出した。いたく感銘を受けた気がするが、その後すっかりシュリーマンの事を忘れ…

【本】「アーブル美術館 大贋作展」 ~むしろこちらを飾りたい

ひょんなことで手に入れた、アーブル美術館展のカタログ(でいいのかな)。画集なのかな。 もう一目ぼれでした。 2015年に開催されたらしいのですが、私は情報弱者なので知らなくて・・・知っていたらなあ。ぜひ行きたかったなあ。 どうやら、お母さん(アー…

【本】 ルイジ・コルナロ「無病法」~極小食主義~ 食べない系の人たち

どうやら世の中には「食べない系の人たち」がいて、おおざっぱに分類すると3パターンぽい。 ① 超小食の人 ② 一日一食の人 ③ 全く食べない人(水も食べ物も一切摂らないらしい) 私は「一日一食」だけど、コルナロは「一日一食」ではなく「一日二回、極小食」…

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定